ココマイスター神戸旧居留地店(神戸市中央区 京町25番地 神戸旧居留地25番館 1F)

COCOMEISTERココマイスターと言えば、ヨーローッパから極上の革を直輸入し、手先の器用さに関しては世界一の日本の熟練職人が縫製した革製品のブランドになります。

特に、メンズ財布とビジネスバッグで非常に高い評価を得ているのがココマイスターの特徴と言えるかもしれません。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

ココマイスターの評価の高さを語る上で欠かせないのが、福山雅治さん主演の映画『三度目の殺人』に於いて、福山雅治さん演じる敏腕弁護士の使用するバッグ、財布、名刺入れとしてココマイスターが使われた事になります。

この映画の中で、福山雅治さんはアルマーニのスーツに身を包み、そしてココマイスターの財布と名刺入れ、バッグを持って敏腕弁護士を演じました。

詳しくはこちら⇒福山雅治主演映画「三度目の殺人」でココマイスターの革製品を使用!

見栄えが命のスクリーンで使用される革製品、しかも、アルマーニのスーツを着た敏腕弁護士が愛用するバッグ、財布、名刺入れとして選ばれたのですから、如何にココマイスターの品が映えるかがお解り頂けるかと思います。

そこで、こちらでココマイスターの使用しているレザー、革素材に関して綴ってみようと思います。

コードバン

ココマイスター・社員の財布「コードバン薄型長財布」

上の写真は、ココマイスターの社員さんの財布で、コードバン薄型長財布になります。

「革のダイアモンド」、「幻の革」、「キングオブレザー」等称えられるコードバンの輝きはまさに珠玉の逸品!

また、ココマイスターのコードバンには、ココマイスター独自の一工夫、ロウが吹き付けてあり、使用することでロウが繊維に馴染み、また、表面のロウが使用することで取れた時には、艶やかな輝きを伴った美しい素顔を現します。

この、ココマイスター独自の一工夫に魅了されているファンも多く、ココマイスターのコードバンは、慢性的に品切れ(特に名刺入れ)が多いのが残念な点かもしれません。

コードバンの価格

コードバン素材の値段です。

長財布 36,000円~
二つ折り財布 34,000円~
小銭入れ 22,000円~
名刺入れ 20,000円~

詳しくはこちら⇒コードバン

ブライドル

ココマイスター・社員の財布「ブライドル グランドウォレット」

上の写真は、ココマイスターの社員さんの財布で、ブライドル グランドウォレットになります。

馬具を意味するブライドルは、手綱等の馬具としての使用に耐え得る様に、ロウ漬けにされ、強度を増してる大変に丈夫な素材になります。

革の表面(銀面)に輝く様な白い粉(ブルーム)は、ロウ漬けにされたロウになります。

このロウは、使用するうちにやがて取れるのですが、ロウが取れた時には深みの有る光沢のブライドルの素顔が現れます。

因みに、ココマイスターのブライドル グランドウォレットは、ココマイスターの絶対王者、常に人気ナンバーワンの財布になります。

ブライドルの価格

ブライドルレザー素材の値段です。

長財布 27,000円~
二つ折り財布 24,500円~
小銭入れ 18,000円~
名刺入れ 13,000円~

詳しくはこちら⇒ブライドル

ロンドンブライドル

ココマイスターの社員さんのNさんと、愛用のロンドンブライドル グラディアトゥール

上の写真は、ココマイスターの社員さんの財布で、ロンドンブライドル グラディアトゥールになります。

ブライドルシリーズの姉妹シリーズ、ロンドンブライドルは、内装にマットーネを使用した贅沢な逸品になります。

ブライドルシリーズとロンドンブライドルの違い

ココマイスターのブライドルレザーを使用したブライドルシリーズ、そしてロンドンブライドルシリーズの違いですが、内装になります。

ブライドルシリーズの内装

ココマイスターの長財布「ブライドル グランドウォレット」内装

ココマイスターのブライドルシリーズは、内装にヌメ革を使用しています。

ロンドンブライドルシリーズの内装

ココマイスターの長財布・ロンドンブライドル グラディアトゥール(ブルースネイビー)

ココマイスターのロンドンブライドルシリーズでは、内装にマットーネを使用しているのです!

このマットーネとはココマイスターの人気ランキングで長い事2位に鎮座しているイタリアの極上のレザーになります。

つまり、ロンドンブライドルは、ココマイスターの人気ナンバーワンとナンバーツーの革を組み合わせた逸品なのです。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

ロンドンブライドルは、内装にマットーネという革を使用しているため、値段はヌメ革を使用しているブライドルシリーズより少し高くなっています。

内装にヌメ革を使用しているブライドル グランドウォレットは32,800円 (税込)になります。

それに対し、内装にマットーネを使用したロンドンブライドル グラディアトゥールは43,000円 (税込)となっています。

値段は一万円ほど違いますが、高級レザーを使用しているロンドンブライドルシリーズは、華の有る逸品となっています。

ヌメ革の汚れを嫌うならばロンドンブライドルがお勧め

ヌメ革のエイジング

上の画像は、管理人WalletLaboが愛用する財布の内装、ヌメ革の部分のエイジングになります。

経年変化により、いい感じの飴色になっている事がお解り頂けるかと思います。

小銭の汚れが付きやすい白ヌメ革

ヌメ革のコインの汚れ

上の画像は、同じ財布の小銭入れ部分なのですが、いわゆる白ヌメ(白いヌメ革)は、この小銭による汚れが付きやすい点は否めないかと思います。

個人的な見解を申し添えるならば、このコインによる汚れを嫌うのであれば、内装に汚れが目立たないマットーネを使用しているロンドンブライドルシリーズがお勧めかと思います。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

二つ折り財布だとそこまで気にならないかと思いますが、小銭入れ部分がガバッと大きく開く長財布の場合は、この小銭による汚れを嫌う方は少なからずいらっしゃいます。

ただ、小銭入れ部分は他人に見られる部分では無いし、ヌメ革の経年変化、飴色へと変化していくエイジングは革好きにはたまらない瞬間なので、個人的にはまだまだ絶対王者の陥落は遠いかな・・・と思っています。

ロンドンブライドルシリーズの価格表

ロンドンブライドルシリーズの値段です。

長財布 43,000円~
二つ折り財布 36,000円~
小銭入れ 23,000円~
キーケース 21,000円~
名刺入れ 20,000円~

詳しくはこちら⇒ロンドンブライドル

ジョージブライドル

ココマイスター「ジョージブライドル ロイヤルウォレット」

上の写真は、ココマイスターの社員さんの財布で、ジョージブライドル ロイヤルウォレットになります。

ブライドルシリーズの姉妹シリーズ、ジョージブライドルは、内装にもブライドルレザーを使用した贅沢な逸品になります。

ブライドルシリーズとジョージブライドルの違い

通常のブライドルシリーズは、内装にヌメ革を使用しています。

それに対し、内装にも外装と同じブライドルレザーを使用しているのが、ジョージブライドルシリーズになります。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

内装にもブライドルレザーを使用したジョージブライドルは、ブライドルレザー>>ヌメ革という原価の違いから、通常のブライドルシリーズより価格は高くなっています。

その代わり!

財布を開いた時にもブライドルレザーが顔を出す非常に贅沢な財布となっています。

ジョージブライドルシリーズの価格表

ジョージブライドルシリーズは、内装にもブライドルレザーを使用している高級品になります。(通常のブライドルシリーズの内装はヌメ革になります。)

内装にもブライドルレザーを用いているので、通常のブライドルシリーズよりもお値段は少し高くなっています。

長財布 43,000円~
二つ折り財布 35,000円~
小銭入れ 25,000円~
名刺入れ 22,000円~

詳しくはこちら⇒ジョージブライドル

マットーネ

ココマイスター・マットーネ ラージウォレット

上の写真は、ココマイスターの社員さんの財布で、マットーネ ラージウォレットになります。

イタリアの名門老舗タンナー、カルロバダラッシ社のなめした極上の素材、マットーネは、革のエイジング・経年変化を堪能できる素材の一つです。

ココマイスターでは、マットーネで上記、ノーマルタイプの物の他に、編み込みタイプの物も展開しています。

編み込みタイプのマットーネ

ココマイスターの社員さんの財布・マットーネ オーバーザウォレット

上の写真は、ココマイスターの社員さんの財布で、マットーネ オーバーザウォレットになります。

編み込みタイプの物は、グラデーション、立体感あふれる陰影を伴い、湖面に光が射したかの様なキラキラ感があるのも魅力です。

ココマイスターのビジネスバッグ「マットーネオリヴェートマイスター」と長財布「マットーネオーバーザウォレット」

上の写真は、編み込みタイプのビジネスバッグマットーネオリヴェートマイスターと長財布のマットーネオーバーザウォレットになります。

編み込みの財布とビジネスバッグを揃えて持ったら・・・粋ですね!

マットーネの価格

マットーネ素材の値段です。

長財布 24,000円~
二つ折り財布 23,000円~
小銭入れ 16,000円~
名刺入れ 10,000円~
パスケース 8,500円~

マットーネ・編み込みタイプの価格表

編み込みタイプは、縫製に手間暇がかかる為に、ノーマルのマットーネシリーズよりもお値段は少し高くなっています。

長財布 32,000円~
二つ折り財布 32,000円~
小銭入れ 21,000円~
名刺入れ 20,000円~
パスケース 20,000円~

詳しくはこちら⇒マットーネ

ナポレオンカーフ

ココマイスター「ナポレオンカーフ アレッジドウォレット」

上の写真は、管理人WalletLaboの愛用するナポレオンカーフ アレッジドウォレットになります。

イタリア秘伝の革、ナポレオンカーフは、日本ではココマイスターが唯一製品化している非常に珍しい素材になります。

管理人WalletLaboもココマイスターの店舗で初めてナポレオンカーフに触れ、瞬殺!その場で即購入しました。

因みに、ココマイスターは日本で初めてナポレオンカーフを製品化するにあたり、接着剤から開発したそうです。

ナポレオンカーフの価格

ナポレオンカーフ素材の値段です。

長財布 31,000円~
二つ折り財布 27,000円~
小銭入れ 9,500円~
名刺入れ 12,000円~
キーケース 12,000円~

詳しくはこちら⇒ナポレオンカーフ

パティーナ(ヌメ革)

ココマイスター「パティーナ長財布」

上の写真は、ココマイスターの社員さんの財布で、パティーナ長財布になります。

イタリアの名門老舗タンナー、ワルピエ社のなめした極上のヌメ革「ブッテーロ」は、私見ですが、革のエイジング・経年変化を最も堪能できる素材と思います。

管理人WalletLaboが初めて革の経年変化に魅了されたのも、ヌメ革でした。

白木の様に美しいヌメ革が、一年後にまるで極上のニスを塗ったかの様に飴色に変化した様を見た時が、革のエイジングに取り付かれた時でした。

ただ・・・ヌメ革は汚れが目立ちやすく、また水にも弱く、染みになりやすいので、あくまで私見ですが、若干扱いが難しい革にも思います。

ただ、それを補っても尚余りある美しい経年変化が楽しめる素材でもあります。

パティーナ・ヌメ革の価格

パティーナ・ヌメ革素材の値段です。

長財布 21,000円~
二つ折り財布 20,000円~
小銭入れ 7,500円~
名刺入れ 10,000円~
キーケース 8,500円~

詳しくはこちら⇒パティーナ(ヌメ革)

マルティーニ(ミネルバボックス)

ココマイスター「マルティーニアリアスウォレット」

上の写真は、ココマイスターの社員さんの財布で、マルティーニアリアスウォレットになります。

マルティーニとは、ココマイスター独自の呼び名で、ミネルバボックスの事になります。

イタリアの名門老舗タンナー、カルロバダラッシ社のなめした極上の素材、ミネルバボックスは、革のエイジング・経年変化を堪能できる素材の一つです。

また、オイルがふんだんに含まれているので、初心者にも扱いやすい革でもあります。

マルティーニ・ミネルバボックスの価格

マルティーニ・ミネルバボックス素材の値段です。

長財布 38,000円~
二つ折り財布 32,000円~
小銭入れ 20,000円~
名刺入れ 16,000円~
バイブル手帳 38,000円~

詳しくはこちら⇒マルティーニ(ミネルバボックス)

クリスペルカーフ

クリスペルカーフロシュウォレット(ロイヤルブラック)とクリスペルカーフコインケース

上の写真は、ココマイスターのクリスペルカーフを使用した財布になります。

クリスペルカーフは、汚れが目立ちにくい革、傷が目立たない革ですので、革のエイジングが好きでは無いという方、本革のお手入れが面倒という方には特にお勧めです。

また、買った時の状態を保ちたい、美しいままの状態を好む女性にもお勧めです。

クリスペルカーフの価格表

クリスペルカーフ素材の値段です。

長財布 54,000円~
二つ折り財布 42,000円~
小銭入れ 21,000円~
名刺入れ 17,000円~

詳しくはこちら⇒クリスペルカーフ

オークバーク

ココマイスターの社員さんのHさんと、愛用のオークバーク ウェスターリー

上の写真は、ココマイスターの社員さんの財布で、オークバークウェスターリーになります。

紀元前より伝わる幻の革

オークバークは、皮革文化の国、イギリスで、紀元前より伝わる革になります。

但し!

その余りにもアナログな製法の為に、絶滅寸前となっていた革でした。

それを蘇らせたのがココマイスターで、その功績も有り、ココマイスターのオークバークを使用した長財布は、イギリス王族に献呈されています。

オークバークの価格表

オークバーク素材の値段です。

長財布 70,000円~
二つ折り財布 52,000円~
小銭入れ 32,000円~
キーケース 30,000円~
名刺入れ 26,000円~

詳しくはこちら⇒オークバーク

ザオークバーク

ココマイスターのザオークバークシリーズ

上の写真は、オークバークレザーを編み込みにしたザオークバークシリーズの長財布になります。

オークバークを編み込んだザオークバークシリーズは、亀の甲羅の様な無骨な力強さを感じる逸品で、個人的には超お勧めの一品です。

ザオークバークシリーズは、職人の職人芸が光る編み込みにしている分、値段はザオークバーク>>オークバークとなっています。

ザオークバークの価格表

ザオークバークシリーズの値段です。

長財布 99,100円~
二つ折り財布 66,000円~
小銭入れ 45,300円~
キーケース 46,000円~
名刺入れ 38,000円~

詳しくはこちら⇒ザオークバークシリーズ

プルキャラック

ココマイスターの社員さんのSさんと、愛用のプルキャラック ロンバルディア

上の写真は、ココマイスターの社員さんの財布で、プルキャラックロンバルディアになります。

プルキャラックロンバルディアとプルキャラックティベリオ

ココマイスターのプルキャラックシリーズは、彩り鮮やかな色彩が魅力のレザーになります。

プルキャラックシリーズの価格表

プルキャラックシリーズの値段です。

長財布 36,000円~
二つ折り財布 32,000円~
小銭入れ 18,500円~
キーケース 15,000円~
名刺入れ 15,000円~

詳しくはこちら⇒プルキャラック

ロッソピエトラ

COCOMEISTERのロッソピエトラ

上の写真は、ココマイスターのロッソピエトラシリーズになります。

ココマイスターのロッソピエトラ

ロッソピエトラシリーズは、ヌメ革に型押しを施し、汚れや傷が目立たない様に加工された革になります。

革の汚れや傷が目立つのは好きでは無いという方にお勧めのレザーです。

ロッソピエトラシリーズの価格表

ロッソピエトラシリーズの値段です。

長財布 42,000円~
二つ折り財布 36,600円~
小銭入れ 25,000円~
キーケース 22,000円~
名刺入れ 18,600円~

詳しくはこちら⇒ロッソピエトラ

カヴァレオ

ココマイスターの長財布【カヴァレオシンバ】

上の写真は、ココマイスターのカヴァレオシリーズになります。

ココマイスターのカヴァレオシリーズ

カヴァレオシリーズで使用しているのは、シアギレザーになります。

このシアギレザーは、ココマイスターのオリジナルレザーで、経年変化しない革、エイジングしない事が特徴のレザーになります。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

シアギレザーは経年変化しない革なので、買った時のままの状態、美しい状態を保てる革となっています。

カヴァレオシリーズの価格表

カヴァレオシリーズの値段です。

長財布 46,700円~
二つ折り財布 36,000円~
小銭入れ 25,500円~
名刺入れ 22,100円~

詳しくはこちら⇒カヴァレオ

クロコダイル

クロコダイル・パーシモン(ココマイスターの長財布)

上の写真は、ココマイスターのワニ革を使用したクロコダイルシリーズになります。

クロコダイル・ジムクラック(ココマイスターの長財布)

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

高級レザーの代表とも言えるワニ革を使用したクロコダイルシリーズは、ココマイスターの中で一番値段の高いシリーズとなっています。

桁が一個違う感じですが、製造直販に徹して原価率の高いココマイスターですから、他ブランドのワニ革と比べると、お買い得価格となっています。

クロコダイルシリーズの価格表

クロコダイルシリーズの値段です。

長財布 360,000円~
二つ折り財布 270,000円~
名刺入れ 150,000円~
小銭入れ 120,000円~

詳しくはこちら⇒クロコダイル

ココマイスターの公式サイトはこちらから↓↓

ココマイスターの社員さんが解説する財布の見方、選び方

ココマイスターの社員の財布

ココマイスターの社員さんに、ココマイスター財布や名刺入れ、更には財布の選び方について詳しく解説して頂きました。

ココマイスターの製品を、ココマイスターの社員さんと共に掘り下げて解説しているページはこちら⇒⇒⇒ココマイスターの財布と名刺入れ、カバンをココマイスターの社員さんと共に徹底解説!

ココマイスターは、公式サイトから購入して下さい!

ココマイスターの公式サイト

COCOMEISTERココマイスターの正規販売は、国内の公式サイト及び直営実店舗のみです。

そして、これは管理人WalletLaboもつい先日知った事なのですが・・・

ココマイスターの永年修理保証を受ける為には、正規販売からの購入がマストになります。

ウチの嫁が義父にプレゼントしたココマイスターの名刺入れが破損し、修理をお願いしようと思った時に、この事を知りました。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

ココマイスターが正規販売からの購入をマストとしているのは、恐らくアマゾンやヤフー、楽天といった大手ショッピングモールに横行している【転売業者】撲滅の為の一つの手段と思われます。

詳しくはこちら⇒コマイスターの製品を公式サイトから買うべき理由を解説!

ココマイスターの永年修理保証を受ける時には、購入履歴を確認されます。

それ故、送り先等を記入し、購入履歴の確認が簡単で確実になる公式サイトからの購入が一番お勧めです。

当サイトでは、ココマイスターの購入は、公式サイトからのお求めをお勧めします。

ココマイスターの公式サイトはこちらから↓↓