GANZO(ガンゾ)のマネークリップ『THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップ』

GANZOガンゾのマネークリップTHIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップをレビューします。

GANZO(ガンゾ)のマネークリップ『THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップ』

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

創業から一世紀の歴史を誇る国産メンズレザーブランドの老舗、GANZOガンゾ

ガンゾは国内最高のメンズレザーブランドという地位を築いたブランドになります。

実は!私が愛用するマネークリップもガンゾの逸品、THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップになります。

札ばさみとも言われたりするマネークリップは、キャッシュレスの時代にこそ相応しい財布と言えます。

こちらで私が愛用するガンゾのマネークリップについて詳しくレビューします。

是非!最後までお付き合い下さい。




ガンゾ

GANZO(ガンゾ)のマネークリップ『THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップ』

改めまして、上の写真がGANZOガンゾのマネークリップ、THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップになります。

GANZO(ガンゾ)のマネークリップ『THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップ』

因みに、こちらは反対側になります。

GANZO(ガンゾ)の箱

上の写真はGANZO(ガンゾ)の箱になります。

箱を開けると・・・

GANZO(ガンゾ)の箱と袋

上の写真の様な、ガンゾのロゴが書かれた袋にマネークリップが入っていました。

株式会社AJIOKA

GANZO(ガンゾ)

メンズレザーブランドのGANZOガンゾを展開するのは、株式会社AJIOKAになります。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

メンズレザーブランドのGANZOの他、株式会社AJIOKAはレディースブランドのEpoiやairlistを展開しています。

創業一世紀の歴史を誇る老舗レザーブランド

株式会社AJIOKAの創業は大正6年(1917年)。

東京都日本橋にて、味岡順太郎商店として設立されました。

創業当初は皮革小物類の製造卸販売していましたが、昭和52年(1977年)に自社製造工場を設立。

平成11年(1999年)には素材選びからなめし、革の裁断・漉き・縫製、磨きといった工程に至るまで、一切妥協する事無く『本物』を追求した国産レザーブランドのガンゾを立ち上げます。

現在では国産のレザーブランドとし、日本が世界に誇る革製品を展開しています。

THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップのレビュー

GANZO(ガンゾ)のマネークリップ『THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップ』

THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップのレビューの前に、まずマネークリップについて解説したく思います。

マネークリップとは

GANZO(ガンゾ)のマネークリップ『THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップ』

日本では馴染みが薄いかもしれないマネークリップ。

実は、マネークリップは欧米では多くの方が利用しています。

チップ

マネークリップは、チップの文化の有る欧米では多く利用されている財布になります。

チップ文化の有る欧米では、例えばレストランで食事をした際、代金が46€だった場合は50€を渡し、『お釣りは取っておいて!』と小銭のやり取りをしないのがスマートとされています。

それ故、欧米では支払いはお札とカードだけ、小銭は持ち歩かないう方が少なく無いのです!

そして、その様なお札とカードだけ持ち歩くという方にピッタリなのが、マネークリップになります。

キャシュレスの時代にピッタリのマネークリップ
管理人WalletLabo管理人WalletLabo

実は!20代の頃に5年間、海外生活を送ったワタクシ。

ですが、滞欧中でも私はマネークリップを使っていませんでした。

そんな私が最近、マネークリップを使う様になったのは、コロナ禍で現金を持ち歩かなくなったからになります。

ATMでタッチパネルを操作するのも躊躇ってしまうコロナ禍・・・。

私もなるべくカードで払う様になり、段々と現金を持ち歩く必要性を感じなくなりました。

とは言え、何か有った時の為に、やはり少しは現金も持っていたいですよね。

そこで、海外生活中に現地人が使っていたマネークリップを使ってみたら、想像以上に便利だったのです!

何より、マネークリップは非常に薄いので、ジャケットの内ポケットにスマートに仕舞えるのです!

スーツの内ポケットに入れても、全く着崩れしませんし、ポケットも膨らみません。

スーツの内ポケットに財布を仕舞いたい方に、マネークリップお勧めです!

THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップのディテール

GANZO(ガンゾ)のマネークリップ『THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップ』

GANZO(ガンゾ)のマネークリップ『THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップ』のディテールです。

外装

GANZO(ガンゾ)のマネークリップ『THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップ』

GANZO(ガンゾ)のマネークリップ『THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップ』の外装には、イギリスのブライドルレザーが使用されています。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

因みに、イギリスの名門タンナー『J&E セジュイック社』のブライドルレザーが使用されています。

ブライドルレザーとは

ブライドルレザーは、馬術の国、イギリスで生まれた革になります。

ブライドルレザーのブライドルとは、手綱等の『馬具』を意味します。

馬具としての使用に耐え得る様、ロウ漬けにした革がブライドルレザーになります。

ブライドルレザーの特徴

ブライドルレザーの特徴は2つ。

  • 表面にロウが付いている
  • 堅牢
ブライドルレザーのロウ

ブライドルレザーの表面には、白い粉の様な模様が付いています。

これは、ロウ漬けにした際のロウで、『ブルーム』という名称になります。

このブルーム=ロウは、毎日手に触れているうちに、やがて取れます。

そして、表面のブルーム(ロウ)が取れた時に初めて革の素肌が顔を出すのですが、とても艶やかな表情となっています。

ブドウの表面のブルーム

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

ブドウの皮にも白い粉の様な物が付着していますが、これもブルームと言います。

ブドウのブルームがブドウの実を乾燥から守っている様に、ブライドルレザーのブルームは革を守っているのです。

堅牢な革

前述の通り、ブライドルレザーは馬具としての使用に耐え得る様、ロウ漬けにし、堅牢さを増しています。

それ故、ブライドルレザーは非常に丈夫な革となっています。

内装

GANZO(ガンゾ)のマネークリップ『THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップ』の内装

GANZO(ガンゾ)のマネークリップ『THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップ』の内装には、オイルを含んだショルダーヌメが使用されています。

カードポケット

GANZO(ガンゾ)のマネークリップ『THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップ』のカードポケット

THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップには、右側に3枚、左側に2枚、計5枚分のカードポケットが有ります。

GANZO(ガンゾ)のマネークリップ『THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップ』のカードポケット

札挟み

GANZO(ガンゾ)のマネークリップ『THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップ』の札挟み

中央にはお札を挟むクリップが有ります。

GANZO(ガンゾ)のマネークリップ『THIN BRIDLE (シンブライドル) マネークリップ』の札挟み

GANZO(ガンゾ)のロゴ

GANZO(ガンゾ)のロゴ

内装の左側には、GANZO(ガンゾ)のロゴが刻印されています。

GANZO(ガンゾ)の購入は公式サイトがお勧め

GANZOのギャランティーカード

上の画像は、GANZOのギャランティーカードになります。

このギャランティーカードにより、修理が保証される訳ですが・・・

GANZO製品を百貨店や専門店で購入した場合、修理はそのデパート等に相談する事になります。

GANZOの修理

GANZOの購入は、修理保証を受けられる様、公式サイトがお勧めです!

GANZOの公式サイト

GANZO(ガンゾ)の公式サイト

GANZOの購入は、公式サイト(オンラインストア)がお勧めです!

GANZOについて、更に詳しくは↓↓公式サイトへGO!!