ココマイスターの二つ折り財布・パティーナ二つ折り財布と長財布・パティーナラウンドファスナー

COCOMEISTERココマイスターで使用されている革素材、パティーナシリーズ(ヌメ革)の紹介です。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

管理人注:ココマイスターでは現在、パティーナが慢性的に品切れとなっています。

パティーナ(ヌメ革)は、管理人WalletLaboが革のエイジングの美しさに初めて魅了されたレザーですので、お勧めなのですが・・・再販売の見通しも難しい様です。

パティーナ(ヌメ革)とは?

ココマイスター「パティーナラウンドファスナー」ナチュラル

ココマイスターのパティーナとは、ココマイスター独自の名前で、一般ではヌメ革と呼ばれる代物です。(ミネルバボックスを使った製品がココマイスターではマルティーニと名付けられているのと同じケースです。多分。。。)

因みにヌメ革とは、タンニンなめしを施しただけで、染色や塗料などによる仕上げを行っていない牛革になります。

パティーナは、植物から抽出した渋成分(タンニン)のみで鞣し、オイルを加えた、ベジタブルタンニンレザーと呼ばれるヌメ革です。成牛のショルダー(肩)部分から成り、本革特有のシワや色ムラが分かりやすいのが特徴です。このシワやムラを目立たなくするために顔料仕上げという方法がありますが、革らしさは、分かりにくくなってしまいます。パティーナはそのような加工を施さず、自然のままの風合いを残して仕上げているため、まさに革好きの人の為の革といえます。牛の傷やシワ・血管や毛穴の痕などの自然な表情、素朴な革の匂い、温かな手触りを持つ、皮革の代表格です。植物の渋のみでなめされている為、自然に優しく廃棄後も土にかえることができる、素朴ですが素晴らしい素材と言えます。

そして、ココマイスターで使用しているヌメ革(パティーナ)は、イタリアの名門タンナー、ワルピエ社のなめした極上の逸品になります。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

革キチならば誰もがその名を知るブッテーロというレザーになります。

パティーナ(ヌメ革)の特徴

cocomeisterの小銭入れ「パティーナBOX小銭入れ」ナチュラルとブラウン

パティーナ(ヌメ革)の特徴として、使い込むほどに艶やかな飴色に変化する経年変化・エイジングは特筆すべき事と思います。

個人的にはその経年変化・エイジングの美しさは随一と思っています。

丈夫だが傷がつきやすい

ヌメ革はその加工法上、他の皮革に比べて繊維の目が詰まっているため非常に丈夫です。少々荒い扱いをしても革自体が大きく損傷することはありません。しっかりとケアをしていれば数十年単位で使い続けることが可能です。しかし、ヌメ革は表面加工がされていませんので、表面の傷はつきやすいです。爪があたったり、ちょっとこするだけで簡単に傷がついてしまいます。その傷さえ味に見えてしまう、不思議な革です。

使い続けることで、柔らかさ・色合い・艶がでてくる

タンニンなめしによりなめされていますので、当初は繊維がびっしりと並んでいるため、固くゴワゴワしています。しかし、使い続けることで繊維がほぐれてクッタリしてきます。使ううちに手の脂などが染み込んだり、日光などでツヤが出てきたり、あめ色へと変化し、唯一無二の存在へと変化します。使用するごとに味のでる、10年後が楽しみな皮革です。

動物そのものの革だから革ごとに個性がある

パティーナは、表面加工をほとんどしていない、素の状態に近い革です。そのため、革の元となった動物それぞれの個性が残っています。生きているときにできた傷痕(バラ傷)、血が通っていた痕(筋とよびます)などがこれにあたります。これらは本革である証ですので、傷などが味わいになります。

水に特別弱いので水濡れに注意!

ヌメ革は表面になにも加工をされていないので、水に特別弱いことで知られています。特におろしたて当初は水に濡れるとすぐにシミになってしまうので、ある程度使い込んで表面がコーティングされるまでは特に注意が必要です。水シミで色が濃くなってしまった部分は、経年変化により目立たなくなります。

パティーナシリーズの姉妹シリーズ

ココマイスター・パティーナ二つ折り財布(ナチュラル)

パティーナシリーズは、スムースレザー(なめらかな革)ですが、ココマイスターには、同じイタリア産のヌメ革を型押しし、汚れや傷が目立たない様な仕様となっているロッソピエトラシリーズがあります。

ロッソピエトラシリーズ

【ロッソピエトララウンド小銭入れ】ココマイスターの小銭入れ

上の写真は、イタリア産のヌメ革、ピエトラレザーを使用したロッソピエトラシリーズになります。

パティーナシリーズ同様、イタリア産のヌメ革を使用していますが、型押しをし、シボの様な表情を付けて有るので、傷が目立たないのが特徴となっています。

もし、傷が目立たない方が良いという方は、ピエトラシリーズの方がお勧めです。

参考⇒ロッソピエトラ

パティーナ(ヌメ革)のお手入れ

パティーナは革の表面に加工がほとんどされていないため、水濡れなどによるシミがつきやすいのが特徴です。使い込んでいくと手の油や革自体から出る油により自然の保護膜ができますが、まっさらな状態のヌメ革はやや汚れやすいので、購入した後、コロニル・シュプリームクリームを塗ると、汚れがつきにくくなります。水シミもクリームの油分により付きづらくなります。また神経質な方は防水スプレーによる保護も併せると効果的です。しかしながら、ヌメ革は傷やシミなどが味となっていくため、そこまで神経質にならず荒く使う方が、ヌメ革としての味が出てくるかと思います。

パティーナ(ヌメ革)の財布

ココマイスター「パティーナ長財布」

上の写真は、ココマイスターの社員さんの財布で、パティーナ長財布になります。

ココマイスターのパティーナ長財布を、掘り下げて解説しているページはこちら⇒⇒⇒パティーナ長財布~ココマイスターの社員さんの財布~

パティーナ(ヌメ革)の勧め

パティーナ(ヌメ革)は、私見ですが、もっとも革らしい自然な経年変化をする素材の一つだと思います。

白い革がだんだんと飴色になっていく様子は、白木にニスを塗るかの様な感じで、経年変化した際の、ニスでコーティングしたかの様な美しさは特筆すべきと思っています。

且つ、ココマイスターで使用しているヌメ革は、イタリアの名門タンナーのワルピエ社のなめした極上のブッテーロになります。

これ以上無い最高の素材を、手先の器用さでは世界一の日本の熟練職人が縫製したココマイスターのパティーナ・ヌメ革、お勧めです。

パティーナ・ヌメ革の価格

ココマイスターのパティーナ・ヌメ革素材の値段です。

長財布 24,000円~
二つ折り財布 22,000円~
小銭入れ 10,000円~
名刺入れ 12,000円~
キーケース 12,000円~

※価格は時々変わる事が有るので、公式サイトでご確認ください。

ココマイスターの製品を、ココマイスターの社員さんと共に掘り下げて解説しているページはこちら⇒⇒⇒ココマイスターの財布と名刺入れ、カバンをココマイスターの社員さんと共に徹底解説!

パティーナ(ヌメ革)の財布を見てみたいという方は、ココマイスターの公式サイト↓↓へどうぞ

ココマイスターについて

ココマイスター・cocomeister

ココマイスターは、2009年の創業以来、ヨーロッパから最高級の革を輸入し、日本で熟練職人が縫製する事を貫いてきたブランドになります。

ヨーロッパ最高級の革素材と、手先の器用さにかけては世界一の日本の熟練職人がタッグを組んだその製品は、素材・縫製技術共に文字通り世界一!

創業当時から、雑誌やメディアで取り上げられたり等、常に注目を浴びてきたブランドですが、特筆すべきは福山雅治さん主演の映画で、福山雅治さんが愛用する財布、名刺入れ、鞄として使用された事になります。

福山雅治主演映画「三度目の殺人」

参考⇒福山雅治主演映画「三度目の殺人」でココマイスターの革製品を使用!

因みに、この映画で福山雅治さんが演じたのは敏腕弁護士役になります。

そして、福山雅治さんが着ていたのがアルマーニのスーツ!

アルマーニのスーツを着た敏腕弁護士の使用する鞄、財布、名刺入れとして使用されたのですから、ココマイスターの製品が如何に見栄えが良いか、お解り頂けるかと思います。

実際、ヨーロッパ最高級の素材で作られたココマイスターの作品は、素材の良さが全面に出ており、ブランドロゴが全面に刻印されている様な、皮を剥がれた動物も嘆くのでは・・・といった驚くべきデザインもされておらず、その革素材と縫製の美しさが、世界最高の製品である事を雄弁に物語っています。

そして、ココマイスターのもう一つの拘りが、製造直販に徹している事です。

ココマイスターの製品は、素材と作りの良さから考えると、相場より非常に手頃な値段設定になっています。

管理人WalletLaboも、最初ココマイスターの社員さんに「御社では、ヨーロッパ最高級の素材を日本の熟練職人が縫製しているんですよね?何故この値段で出せるのですか?」と聞いたほどでした。

そして、答えを聴いてビックリ!

「ココマイスターでは、デパート等に卸していない為に、原価率を高めに設定する事が出来るので、この値段で出せるのです。デパート等に卸すと、売り上げの5割位を手数料として取られるので、この値段では出せません。製造直販に拘り、徹しているが故の値段です!」

恥ずかしながら、原価率という言葉を知らなかった管理人WalletLabo、原価率を調べてビックリ!

有名デパートの一角にお店を構えている様な一流ブランドと言われるメーカー程、原価率は物凄~く低いんですね。。。

それもこれも、デパート等では、売り上げの半分が手数料として取られるからだそうで・・・でも・・・デパートで買おうが直営店で買おうが公式サイトから買おうが値段は同じな訳で・・・そう考えると、デパートなんかに卸しているブランドを買うのが少しバカらしくなってしまった管理人WalletLabo・・・。

デパートの集客力や、あるいは一流デパートで買ったというのは、その雰囲気にお金を払う部分も有るとは思いますが・・・ですが、製造直販に拘る事で、高品質なモノを手にし易い値段で提供すべく頑張っているココマイスターに好感を抱くのは、決して管理人WalletLaboだけでは無いと思います。

ココマイスターの製品を、ココマイスターの社員さんと共に掘り下げて解説しているページはこちら⇒⇒⇒ココマイスターの財布と名刺入れ、カバンをココマイスターの社員さんと共に徹底解説!

ココマイスターの財布・バッグをお得に購入する方法

ココマイスターの購入は、公式サイト、オンラインショップからの購入がお得、お勧めです。

理由は注文や会員登録、或いはレビューの投稿でポイントが貯まるサービスが有るからです!!

ココマイスターでは購入毎に、ご注文や会員登録に応じてポイントが貯まるサービスを行っています!

そして、貯まったポイントは「 1ポイント = 1円 」 として次回以降のショッピングで利用できます。

ココマイスターのポイントGETの3つの条件

ココマイスターのポイントが付与される3つの条件です。

ココクラブ新規登録⇒⇒⇒100ポイント付与されます。

ショッピング⇒⇒⇒公式サイトから購入すると商品合計金額の3%分のポイントが付与されます。

例えば、グランドウォレット30,000円を購入した場合、3%(900円分)のポイントをGETできます。

ダレスバック160,000円をご購入した場合には、なんと4,800円分のポイントGET!
  
このポイントで、クリーム等のメンテナンス用品を購入する事が出来てしまうのでもで、とってもおトクです。

レビューの投稿⇒⇒⇒商品購入後にレビューを書いていただくと500ポイント付与されます。

商品以外にも、配送やスタッフへのレビュー(サービスレビュー)も書くと、更に商品合計金額の1%分のポイントが付与されます。

初めてココマイスターの商品(グランドウォレット)を購入する事をシュミレーションしてみましょう!

ポイント制度を全て活用できた場合・・・

・ココクラブ新規登録=100ポイントGET!

・ショッピング=900ポイントGET!

・レビュー=500ポイントGET!

・サービスレビュー=300ポイントGET!

⇒なんと1,800円分のポイントをGETする事が出来るのです!

ココマイスターの購入は、公式サイト、オンラインショップからの購入が断然お得、お勧めです。

ココマイスターは、公式サイトからの購入がお勧めです!

ココマイスター公式サイト

COCOMEISTERココマイスターの正規販売は、国内の公式サイト及び直営実店舗のみです。

アフターサービスを確実に受けられる為に

これは管理人WalletLaboもつい先日知った事なのですが・・・

ココマイスターの永年修理保証を受ける為には、正規販売からの購入がマストになります。

ウチの嫁が義父にプレゼントしたココマイスターの名刺入れが破損し、修理をお願いしようと思った時に、この事を知りました。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

ココマイスターが正規販売からの購入をマストとしているのは、恐らくアマゾンやヤフー、楽天といった大手ショッピングモールに横行している【転売業者】撲滅の為の一つの手段と思われます。

今回、私がココマイスターに修理をお願いした事で知った内容を記事としてまとめました。

是非!お目通し、ご一読頂ければと思います。

詳しくはこちら⇒コマイスターの製品を公式サイトから買うべき理由を解説!

ココマイスターの永年修理保証を受ける時には、購入履歴を確認されます。

それ故、送り先等を記入し、購入履歴の確認が簡単で確実になる公式サイトからの購入が一番お勧めです。

当サイトでは、ココマイスターの購入は、公式サイトからのお求めをお勧めします。

ココマイスターの公式サイトはこちらから↓↓