ココマイスターの名刺入れ・オークバークマークスベリー

COCOMEISTERココマイスター名刺入れオークバークマークスベリーのご紹介です。

オークバークマークスベリー

ココマイスターの名刺入れ・オークバークマークスベリーの内装部分

上の写真がココマイスターの名刺入れ、オークバークマークスベリーになります。

オークバークとは?

オークバークに関して、簡単に解説しようと思います。

イギリスに紀元前から伝わる革

オークバークは、今年(平成28年)5月にココマイスターに登場した、新しい素材、新しいシリーズになります。

ブッテーロやクリスペルカーフといった、世界の定番とも言える革から、国内ではココマイスターが唯一製品化しているナポレオンカーフという大変珍しい素材までを取り扱うココマイスターに新しく登場した革ですので、新しい革なのかな・・・と思うと、実はその真逆になります!

オークバークという素材は、イギリスで紀元前から伝わる伝統を持つ革ながら、その高コストプラス効率の悪さから、絶滅寸前に陥っていた革なのです!!(因みに、管理人WalletLaboも知りませんでした。。。)

オークバークと鉄の掟

オークの木だけを使用して鞣されるオークバークは、紀元前から伝わるという歴史を示すかの様な鉄の掟が存在します。
 
それは、「365日と1日」をかけて、この革を鞣すというモノです。

大量生産が主流となり、タイムイズマネーで、どんどん機械化し、効率の良い生産を目指す現代産業とは真逆と言える、まさにアナログ製法であり、時間を掛ける事を厭わない、イギリスの皮革文化を受け継ぐ職人さんの矜持を重く感じる掟と言えます。

因みに、この掟が定められた当時、掟を破った職人は、大変厳しい罰を受けたそうです。

現在では、この掟破りに対する罰はありませんが、それでも尚、最高品質の革を生み出し、そして、伝統・文化を継承すべく、「365日と1日」というルールは、現代にも受け継がれているそうです。

イギリス王族に献呈されたココマイスターのオークバーク

イギリス政府の厳重管理の下、英国で紀元前に生まれたオークバークを使用したマイスターの財布は、英国王族に献呈されています。

英国老舗タンナーのレザーを使用した革製品の代表として、第2代ケント公爵エドワード王子(HRH The Duke of Kent)にオークバークの長財布が献呈されたのです。

ケント公爵は、自らココマイスターの革製品を手にし、そして英国内で生まれた革が、日本という離れた地で生産され、そして今こうして手元に有るという事にとても感動なさり、COCOMEISTERの革製品を受け取ったそうです。

ココマイスターは、日本が世界に誇るロイヤルブランドになります。

オークバークシリーズのロゴ

ココマイスターの名刺入れ・オークバークマークスベリーのロゴ

上の写真は、オークバークマークスベリーのロゴになります。

木材をモティーフにしたロゴになっている事、お解り頂けるかと思います。

そして、オークバークはこれまでソールで製品化された事は有りましたはが、財布や革小物に使用するのは、ココマイスターが世界初だそうです!

正に、ココマイスターが現代に蘇らせた革であり、非常に希少価値の高い革になります。

オークバークの特徴

オークバークの特徴ですが、銀面(財布・革の表面)に白い粉の様なモノが浮かび上がっています。

これは、オークバークと同じく、イギリスの皮革文化が誇るブライドルレザーなどと同じで、仕上げで施されたロウになります。

革の表面に浮かび上がったロウは、毎日使用し、日々手に触れる事で少しづつ革に馴染み、光沢感が増していきます。

それと共に、色味は深くなり、ヴィンテージ感のある風合いへと変化していきます。
 
オークの渋い風合いに光沢が現れてくる事を想像するだけで、とても楽しみな皮革ですね!。

ブルーム

ブドウの表面のブルーム

ブドウの表面にも白い粉の様なモノが見えますよね。

このブドウの白い粉の様なモノも、ブルームと言います。

ブドウのブルームは、雨からブドウを守り、そして水分の蒸発を防ぎます。

革のブルームは、水分を弾く事で革を守り、しなやかさを保ったまま、強度を高めています。

オークバークを更に掘り下げて解説しているページはこちら⇒⇒⇒オークバーク

ココマイスター大阪心斎橋店にご協力頂きました

ココマイスター・大阪心斎橋店の店内

今回紹介したオークバークマークスベリーは、ココマイスター大阪心斎橋店に展示してあった商品になります。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

管理人WalletLaboは、ココマイスター及び、ココマイスター大阪心斎橋店のご協力の下、店内の撮影及び商品の撮影許可、及び、サイトへの掲載許可を頂戴し、撮影、掲載をしています。

当サイトの画像の無断転載は固くお断りします。

名刺入れに関して、こちらも参考にどうぞ⇒⇒⇒ココマイスターの名刺入れ | 名刺入れの選び方

ココマイスターの名刺入れ

ココマイスター「オークバークマークスベリー」の口コミ

ココマイスターの「オークバークマークスベリー」を実際に購入なさった方の口コミです。

オークバーク特有の質感の硬さこそありますが、ヴィンテージ感が気に入りました。
使い込むほどに風合いも出そうで、これからがとても楽しみです。
開いた瞬間に感じる鞣し革の香りもたまりませんでした。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

オークバークは、確かに香りの強い革になります。

管理人も手に触れた後、しばらく手にその香りが付いているのに驚きました。

高級ソールに使用されているオークバークで作った名刺入れってどんな感じになるのか興味をそそられて購入しました。予想以上に品があって良い仕上がりで満足しています。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

オークバークというと、確かに高級ソールという印象が有りますよね。

ココマイスターは、そんなオークバークで贅沢にも財布や名刺入れを製品化してくれました!

楽しみですね!

ココマイスターの公式サイトはこちら↓↓

【重要】ココマイスターは、公式サイトからの購入がお勧めです!

ココマイスターの公式サイト

COCOMEISTERココマイスターの正規販売は、国内の公式サイト及び直営実店舗のみです。

アフターサービスを確実に受けられる為に

これは管理人WalletLaboもつい先日知った事なのですが・・・

ココマイスターの永年修理保証を受ける為には、正規販売からの購入がマストになります。

ウチの嫁が義父にプレゼントしたココマイスターの名刺入れが破損し、修理をお願いしようと思った時に、この事を知りました。

ココマイスターの正規販売店

ココマイスターの正規販売店

ココマイスターの正規販売とは、直営実店舗と公式サイトのみとなります。

ココマイスターの正規販売店

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

例えば、楽天でココマイスターを購入した場合、正規販売では無い為、アフターサービスを受けるのは難しいと思って下さい。

転売業者対策

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

ココマイスターが正規販売からの購入をマストとしているのは、恐らくアマゾンやヤフー、楽天といった大手ショッピングモールに横行している【転売業者】撲滅の為の一つの手段と思われます。

今回、私がココマイスターに修理をお願いした事で知った内容を記事としてまとめました。

是非!お目通し、ご一読頂ければと思います。

購入履歴の確認を簡単、確実にする為に

ココマイスターの永年修理保証を受ける時には、購入履歴を確認されます。

それ故、送り先等を記入し、購入履歴の確認が簡単で確実になる公式サイトからの購入が一番お勧めです。

当サイトでは、ココマイスターの購入は、公式サイトからのお求めをお勧めします。

ココマイスターの公式サイトはこちらから↓↓

ココマイスターの社員さんの財布

ココマイスターの社員さんの財布

ココマイスターのの社員さんが、実際にプライベートで使用なさっている財布を見せて頂いたので、ご紹介します。

日々沢山の財布を扱っているココマイスターの社員さんが、プライベートで愛用している財布を参考に選ぶのもお勧めです。

ココマイスターの社員さんの名刺入れ

ココマイスターの社員さんの名刺入れ

ココマイスターの社員さんが、実際にプライベートで使用なさっている名刺入れを見せて頂いたので、ご紹介します。

日々沢山の革製品、名刺入れを扱っているココマイスターの社員さんが、プライベートで愛用している名刺入れを参考に選ぶのもお勧めです。

財布の見方、選び方、贈り方

ココマイスターの社員の財布

ココマイスター社員さんに、財布の見方、選び方について解説して頂きました。

二つ折り財布が良いのか、或いは長財布が良いのか等で迷われている方は必読です。

公式ホームページ

ココマイスター公式サイト

COCOMEISTERココマイスターの製品の値段やカラーバリエーション、ディテールは、予告なく変更になる場合が有ります。

詳しくは公式サイトでご確認下さい。