皆さん、こんにちは!

財布人気ランキングをご訪問下さり、有難うございます。

管理人WalletLaboでございます。

さて!最近の流行とも言うべきミニ財布!

エーテル・AETHERの財布、フルール・ジュール

上の写真は、当サイトでご紹介しておりますエーテル・AETHERのミニ財布、フルール・ジュールになります。

ミニ財布は、小さなカバンを持ち歩きたい女性向けの財布と思っていましたが、最近は男性でもポケットが膨らまない様な、ポケットに収まるミニ財布が浸透してきている様です。

最近はカード時代ですから、以前の様に小銭やお札をそこまで持ち歩かなくても良くなった為か、ミニ財布の浸透は時代の流れなのかもしれません。

自動販売機もカードで買う現代は、バッグも財布もミニが主流。

財布の買い替えをお考えの方は、ポケットは勿論、サコッシュにもスマートに収まるミニ財布も選択肢に入れる事をお勧めします。

とは言え・・・ポケットサイズのミニ財布とは言え、お金を仕舞って持ち歩く入れ物ですから、最低限の小銭入れ部分、札入れ、そしてカード入れと、ある程度の容量は確保しておきたいですよね。

そんな事を思っていたら、収納力のあるミニ財布を紹介している『ミニサイズだけど収納力あり。とにかく便利なミニ財布5選』記事が掲載されていました。

実際、私も見てみたのですが、カード収納は勿論、その日の分の領収書もしっかりと仕舞えるミニ財布が揃っていましたので、こちらでシェア、ご紹介したく思います。

以下、引用。

便利なミニ財布5選

ポケットに収まるミニサイズだけど収納力が有り、とにかく便利なミニ財布5選です。

The Wonder Lust

The Wonder Lustのミニ財布、VA-VA別注ウォレットは、クラフトマンシップを感じるモノ作りとなっています。

コシの強い肉厚なレザーと丈夫な縫製がポイント。

しっとりとした手触りのレザーは、使い込むにつれて艶と透明感が増し、独特の味が出てきます。

強度がかかる部分やミシン針が入らない部分には、手縫いを行うなど、こだわりの縫製も食指を動かします。

収納力もしっかりと備えているので、ちょっとポイントカードを貯めてしまっても大丈夫。

ROTAR

ROTARのミニ財布で使用しているレザーは、高級ヌメ革のブッテーロになります。

高級レザーでお馴染み、ブッテーロレザーを使用したROTARのショートウォレットは、手のひらサイズながら、札入れ1つ、カード入れ8つ、小銭入れ1つと非常に使い勝手の良いのデザインになっています。

また、ブッテーロだからこその発色の良さも見どころ。カラバリもご覧の4色展開になっており、ベージュやブルー、グリーンもいい顔立ちに仕上がっています。

m+

m+のミニ財布は、実用的なデザインが好まれ、取扱店舗で人気となっています。

財布を開いたら、小銭入れやカード入れ、お札すべてが見られる視認性の高いデザインがされています。

おおよその容量はお札10枚・コイン大小15枚・カード類15枚と、このサイズ感で申し分のないもの。

レザーもイタリア製のタンニンなめし革。

愛用品としてもふさわしい一品です。

ense

enseのミニ財布は、癖になるディアレザーの質感で引き裂きに強い、ディアレザー(鹿革)を使用したの二つ折りタイプのミニ財布になります。

ディアレザーならではのふんわりとした触り心地、手によく馴染む質感がクセになる一品です。

また、何度開け閉めしてもダメになりにくいドイツ製のホックを使用しているのもポイント。

カードも合計9枚入れられるので、収納力もバッチリです。

nejicommu

nejicommuのミニ財布は、経年変化を存分に味わえる一品、タンニンなめしの牛革を使用したフラップウォレットになります。

コンパクトなサイズ感ながら仕切りを設けているので、お札、小銭、カード等しっかりと収納できる一品です。

タンニンなめしの牛革は、硬くて丈夫なので、使い込むにつれて革特有の経年変化を楽しめます。

ミニ財布の注意点

最近のミニ財布は、機能性が備わってきて収納力が有るといっても、そこはあくまでやはりミニ財布です。

ミニ財布の収納量は、二つ折り財布は勿論、長財布には到底敵いません。

ミニ財布をサブの財布、或いはズボンの後ろポケットに仕舞う様、或いは小さなバッグ用としてお考えならば、最高の逸品となるでしょう。

ですが、もし!ミニ財布をメイン財布として使用する事をお考えの場合は・・・この機会にクレジットカードやポイントカードの取捨選択をし、必要不可欠なモノのみを持ち歩く様にする事をお勧めします。

ミニ財布について、更に詳しくはこちら⇒ミニ財布