皆さん、こんにちは。

財布人気ランキング.comの管理人WalletLaboです。

財布人気ランキング.comをご訪問下さり、有難うございます。

ミニ財布は女性のみの流行?

さて、最近のトレンドとも言えるミニ財布=マメ財布

エーテル・AETHERの財布、フルール・ジュール

上の写真は、当サイトでご紹介しております華やかなアートレザーを用いたレディースブランド、エーテルのミニ財布になります。

最近まで、ミニ財布=マメ財布はレディースが中心、女性の間でのトレンドでした。

小さいポーチに入る財布への需要=ミニ財布

女性は可愛らしい小さいカバンを持つことが有りますからね。。。

LUPIS(ルピス)の2wayチェーンミニショルダーバッグ

上の写真は、管理人WalletLaboの細君が愛用するミニショルダーバッグなのですが、このサイズのバッグですと、二つ折り財布ならギリギリ入りますが、長財布は入りません。

更に・・・

LUPIS(ルピス)のミニショルダーバッグ(ポーチ)

上の写真のサイズのポーチになると、二つ折り財布でも入りません。。。

可愛らしいポーチでお出かけしたいモノの、ポーチに入る財布が欲しい・・・という事でミニ財布=マメ財布が流行っている、女性の間でトレンドになっているという認識でした、ワタクシは。

ところが!

前回の記事で綴りました通り、メンズでもミニ財布・豆財布が流行りそうな兆候が生まれつつ有る様です!!

前回綴りました通り、2019年春夏ミラノメンズでのトレンドは、何と『女子っぽいバッグ』だったとの事。

『プラダ』メンズも小ぶりアクセが大豊作で、財布のジャンルに於いてもネック・ウォレットという、首から下げる財布も登場したとの事!

参考⇒NEXTブレイクはネック・ウォレット?!

メンズのトレンドもミニバッグ、ミニ財布化してきている事に関し、私自身の認識とし、『スマホの発展で、殆どの事がスマホ1台持っていればOKの時代となり、例えばビジネスバッグを選ぶ際も「A4の書類が入るか?」といった事を検討する必要が無くなり、財布も同様の流れとなっている』と綴りました。

今でもこの認識は正しいと思いますが、もう一つ、見落としていた事が有りました。。。

それは・・・夏を迎えて薄着となった際に、軽装で清潔感をアピールしたいという事。

夏はミニ財布がお勧め!

夏になり、薄着になると、ポケットの膨らみが上着などで隠せなくなります。

意外な程に、女性陣から不評を買う事が多い男性のポケットの膨らみ。

確かに、スマートなトップスやスラックス、パンツを履いていても、ポケットが財布で膨らんでいたら・・・全体の印象はスマートさに欠けて仕舞うう事は否めません。

かといって、財布を仕舞うべくセカンドバッグ等を持つと、それっはオヤジ臭いとこれまた女性陣からの不評を買う事が多いですよね。。。

それ故、『ポケットに仕舞ってもかさばらないサイズ感の財布=メンズミニ財布』が登場しているとの事なのです。

そこで今回は、夏の軽装でも安心!ポケットに入れてもかさばらなミニ財布をご紹介したく思います。

ココマイスターのナポレオンカーフボナパルトL字ファスナー

ココマイスター・ナポレオンカーフボナパルトL字ファスナー

上の写真は、管理人WalletLaboが愛用するミニ財布、ココマイスターのナポレオンカーフボナパルトL字ファスナーになります。

ある意味、究極の形とも言えるL字ファスナータイプの財布は、メイン財布としての使用にも耐えうる収納力を誇り、且つ使い勝手も非常に良い、おすすめの逸品になります。

詳しくは⇒ココマイスターのナポレオンカーフボナパルトL字ファスナー

アヤメアンティーコのポルタフォーリオ・フォルマエッレ

アヤメアンティーコ(AYAME ANTICO)ポルタフォーリオ フォルマエッレ

上の写真は、アヤメアンティーコのL字ファスナータイプの財布、ポルタフォーリオ フォルマエッレになります。

こちらもメイン財布としての使用に耐えうるお勧めの逸品です。

詳しくは⇒アヤメアンティーコ

joggoのコンパクトウォレット

JOGGO・コンパクトウォレット

上の写真は、カスタムオーダーで作るJOGGOのコンパクトウォレットになります。

joggoの最大の特徴は、13色の本革を組み合わせ、世界に1つだけの革製品をWeb上のシュミレーション画面で簡単に作れるという事。

しかも、名入れ無料!

詳しくは⇒JOGGO

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

以下は、当サイトでは未紹介のモノになります。

enseのユニセックスな雰囲気の二つ折り財布

ゆるやかに丸みを帯びたフォルムの『ense』のミニ財布。

初めて手にした時から手になじむ質感は、引き裂きに強い上質な鹿皮を使っているからこそ。

アクセントとしての役割も担うドイツ製のゴールドのホックは、何度開け閉めしてもへたれにくいのが特徴です。異性へのプレゼントとしてもピッタリな一品。

LONESOME.のL字型ウォレット

スッキリとしたデザインが大人の魅力を引き立てる『LONESOME.』のL型ウォレット。

使用した革はベイカー社のブライドルレザー。そこにたっぷりと蝋(ろう)を浸透させることで、独特のコシと表情を見せています。

また、内側にはイタリア産のブッテーロを採用と、見えない部分も抜かりなし。内部には紙幣・硬貨・カードを区分けできるポケットを有した、ミニマルながら侮れない一品。

BRONSON LEATHERのアウトドアでも使いたいタフなミニ財布

タフな質感が持ち味のキャトルレザーを使用し、ハンドメイドで仕上げた『BRONSON LEATHER』のミニ財布。

小さなルックスながら、2つのカードスロット、コインを収納できるポケットなど、財布としての最低限の機能を備えています。メイン使いにはもちろん、タフな性格を生かしてキャンプなどアウトドアシーンでのサブとしても◎。

nejicommuの経年変化をとことん楽しめるミニマル

余計な装飾を排したミニマルな『nejicommu』のフラップウォレット。

レザーにはタンニン鞣しの上質な牛革を採用し、ルックス以上のタフさを持っています。

ポケットに収まるサイズ感ながらも、小銭やカードもしっかり入る頼れる一面も。革の経年変化を全面で楽しめる、飽きのこない一品。

ED ROBERT JUDSONの使う楽しみもデザインしたミニ財布

シンプルな見た目に際立つ蝶番モチーフのデザインが特徴の『ED ROBERT JUDSON』の一品。

外側にコインポケットやカード入れが配され、内側には札が入るマネークリップと、使う楽しみも得られるデザインが魅力的です。初めから手に馴染んでくれるレザーの質感も見逃せないポイント。

ミニ財布のススメ

小銭入れとも違う、メインとしてもセカンドウォレットとしても使えるコンパクトな財布=ミニ財布は、薄着で外出する機会が多くなる夏をスマートに彩る必需品、紳士必携の財布になる事必至です。

クールビズのカジュアルシーンは勿論、アウトドア、更には休日にちょっとそこまで散歩する時などにも重宝するので、ミニ財布デビュー、お勧めです。

ミニ財布に関して、更に詳しくはこちら⇒ミニ財布