アヤメアンティーコの名刺入れ、ミネルバリスシオ ポルタカルテを購入しましたので、レビューしようと思います。

アヤメアンティーコ・ミネルバリスシオ ポルタカルテ

アヤメアンティーコ

当サイトではすっかりお馴染みのアヤメアンティーコですが、ブランドの創業は今年、2014年6月と、産声を上げてから半年過ぎていない、新しいメーカーになります。

ですが、創業者である菖蒲智氏は既に実績抜群!

菖蒲さんは、日本での経験を背負って本場イタリアのフィレンツェで武者修行なさり、革製品の制作技術とアンティーク刺繍の技術を学び、更に当地で革製品を製造・販売なさってきました。

そして、昨年完全帰国なさり、今年、ご自身の名を冠した新しいブランド「アヤメアンティーコ」を立ち上げられました。

アヤメアンティーコ(AYAME ANTICO)代表、菖蒲智とポルタフォーリオ・グランデ、イントルノ・ポルタフォーリオ

上の写真が若き革製作の巨匠、菖蒲智氏で、手になさっているのはご自身の作品であり、ご自身がお使いになっているアヤメアンティーコの財布、ポルタフォーリオ・グランデとイントルノ・ポルタフォーリオになります。

因みに・・・菖蒲さんがお召しになっているベスト、なんと!100年前くらいに作られたモノだそうです!!

菖蒲さん曰く「本当に良いモノは長く使えるものですし、長く使いたくなるはずなんですよ!アヤメアンティーコでは、愛着を持って本当に長く使えるもの、自分が使い終えても、子や孫に引き継ぎたくなる様な、そんな作品を心がけています!」

一つ一つの作品に、革職人としての誇りと魂を込めて製作している菖蒲さんらしいお言葉・矜持ですね!

菖蒲さんの作品、アヤメアンティーコの製品は、そんな職人さんの掌が伝わってくる、温かい使い心地の製品となっています!(チューゴク製の機械で作られた大量生産品からは、絶対に感じる事の出来ない温かみです!)

>>アンティーク製法で生まれた貴重なイタリアンレザー×日本の熟練職人
の縫製が生み出す上質な革製品≪AYAME ANTICO≫



アヤメアンティーコの名刺入れ「ミネルバリスシオ ポルタカルテ」

改めまして、アヤメアンティーコの名刺入れ「ミネルバリスシオ ポルタカルテ」を見ていきましょう。

アヤメアンティーコ・ミネルバリスシオ ポルタカルテ

美しい革ですね!

プラシ天という言葉に相応しい、高貴な輝きを感じます。

革の素材はミネルバリスシオ。

因みに、リスシオとはイタリア語で「滑らか」という意味で、ミネルバリスシオという素材はその名のとおり、滑らかで透明感のある加工が特長の革素材となっています。

ミネルバリスシオの美しさは、絹の様な滑らかさがかもし出すラグジュアリー感で、革好きならずとも美しいと思える素材となっています。

アヤメアンティーコのカードケース・ミネルバリスシオ ポルタカルテ

内装にもミネルバリスシオが使用されていますので、実際に名刺を出す時等、蓋を開けても美しいミネルバリスシオがお出ましになり、贅沢な気持ちで使う事が出来ます。

アヤメアンティーコの名刺入れ・ミネルバリスシオ ポルタカルテ

「アヤメアンティーコ」の刻印も美しいですね!

>>イタリア伝統の渋革×日本の熟練職人が生み出す上質な革製品≪AYAME ANTICO≫



アヤメアンティーコの名刺入れ「ミネルバリスシオ ポルタカルテ」のスペック

アヤメアンティーコ「ミネルバリスシオ ポルタカルテ」

上の写真は、アヤメアンティーコ「ミネルバリスシオ ポルタカルテ」を横から見たところになります。

一見薄型、スマートな外見の名刺入れですが、ミネルバリスシオ ポルタカルテにはポケットが3つ付いています。

マチのある大きなポケットが1つ、そして小さなポケットが2つ、管理人@Wallet Laboは、実際に名刺を入れてみたのですが、大きなポケットには30枚位、小さなポケットにはそれぞれ10枚位の名刺が入りました。

50枚位の名刺を入れると、ややパンパンな感じにもなりますが、名刺入れとしての容量は申し分なく、スタイリッシュに使いたい人は入れる枚数を少なくすれば良し、勿論、沢山収納したい人にもお勧めの逸品と言えます。







名刺入れを選ぶ際の注意点!

ここで少しばかり、名刺入れを選ぶ時の注意点を!

名刺入れと言うのは、ビジネスシーンで意外と見られているものです。

時折、100均のアルミケースを使っている方をお見掛けするのですが、ビジネスシーンにはあまり芳しくない名刺入れと言えます。

名刺入れというのは、自分の名刺だけでなく、相手から頂いた名刺も入れたりします。

その為、名刺入れには複数の収納箇所(ポケット)が必須です。

複数の収納箇所(ポケット)がない名刺入れだと、自分の名刺と他人の名刺をごっちゃにして入れてしまわなければいけなくなってしまいます。

相手から名刺を頂く事が無い、一方的に配り歩くだけの方(飛び込みセールスマンや店頭販売などの方)ならば、複数の収納箇所(ポケット)が無くても不都合が無いかもしれませんが、名刺交換するのであれば、名刺入れを選ぶ際は、頂いた名刺を収納する事を考え、複数の収納箇所(ポケット)が付いているモノを選びましょう。

素材に関しては、言うまでも無く、上質な革製です。(名刺入れは、名刺の収納だけでなく、相手から名刺を受け取る際のお盆代わりにも使用する為です。商談中は相手の名刺を自分の名刺入れの上に乗せた状態でテーブルの上に置きます。大事な商談相手の名刺を乗せるモノですから、上質な革製こそが申し分ない逸品であり、相手にも好印象を与えるのは、言うまでもありません。)

アヤメアンティーコの名刺入れ「ミネルバリスシオ ポルタカルテ」のカラーバリエーション

アヤメアンティーコの名刺入れ「ミネルバリスシオ ポルタカルテ」のカラーバリエーションは、オルテンシア(ブルー)とカフェラテ(ブラウン)の二色になります。



管理人@Wallet Laboが今回購入したのは、オルテンシア(ブルー)。

オルテンシアは、イタリア語でアジサイという意味で、とても鮮やかな色ですが、菖蒲さんによると、使用していくうちにどんどん色が深くなり、最終的には夏の夜空のような黒に近い紺碧になるそうで、革製品の魅力のエイジングも楽しみな素材だそうです。

アヤメアンティーコ・ミネルバリスシオ ポルタカルテ

プレゼントにもお勧め

アヤメアンティーコでは、無料のギフト包装が用意されており、記念日やイベントなど、大切な方へのプレゼントで素敵なシーンが演出できるよう、ひとつずつ丁寧にリボンラッピングして届けてくださいます。

アヤメアンティーコ・プレゼント用の包装

上の写真は、アヤメアンティーコのプレゼント用の包装になります。

時に、無料のプレゼント用の包装ですと、これみよがしのリボンや花模様やらで、軽い印象しか受けず、閉口する事が有るのですが、アヤメアンティーコの包装は上質でシンプル!!この点でも好感が持てますね。

因みに、プレゼント用の包装にも若き製作者・菖蒲さんの拘りが籠っていて、使用しているリボンはドイツ製だそうです。

アヤメアンティーコのプレゼント用リボンと袋

プレゼント用としてしっかりしたものをセレクトすべく、厚手で重厚感があり、色合いが落ち着いているものを!という事で選んだリボンとの事です。

菖蒲さんの矜持を見た思いがしました!

※ 価格は時々変わる事があるので、公式サイトでご確認下さい。

アヤメアンティーコの名刺入れ・カードケース「ミネルバリスシオ ポルタカルテ」、詳しくは↓↓公式サイトから↓↓

>>アヤメアンティーコ「ミネルバリスシオ ポルタカルテ」