プチギフトに超お勧め!アヤメアンティーコのキーケース、チャンベッローネのご紹介です。

アヤメアンティーコのキーケース・チャンベッローネ

とりあえず公式サイトを見てみたいという方はこちら⇒⇒⇒イタリア伝統の渋革×日本の熟練職人が生み出す上質な革製品≪AYAME ANTICO≫

アヤメアンティーコ(AYAME ANTICO)

アヤメアンティーコのキーケース・チャンベッローネ

改めまして、上の写真がアヤメアンティーコのキーケース、チャンベッローネになります。

アヤメアンティーコに関して、少しばかり解説しますと、アヤメアンティーコは2014年6月創立の比較的新しいレザーブランドになります。

アヤメアンティーコの創業者は、若き革の匠、菖蒲智氏。

結城紬の産地として名高い茨城県結城市生まれの菖蒲さん、そんな菖蒲さんの御母堂様は結城紬の職人さんとの事。

お母様からの職人魂を受け継いでいる菖蒲さんは、日本でレザーブランドの立ち上げに携わった後、イタリアに留学し、フィレンツェにてレザーアイテムの製作を学びます。

フィレンツェの学校を卒業後もイタリアに留まり、かの地で実際に革製品を製造・販売してきた菖蒲さんは、その経験を下に、2014年に故郷・茨城県結城市にて、厳選したイタリアンレザーを主に取り扱う皮革製品の新しいブランド「アヤメアンティーコ(AYAME ANTICO)」を立ち上げました。

日本の職人魂をDNAとして受け継ぐ菖蒲さんの革製品は、イタリアの皮革文化と日本の職人魂の織り成すハーモニーとなっており、革マニア唾涎の玄人好みのブランドとなっています。

ドーナツ型のキーホルダー

アヤメアンティーコのキーケース・チャンベッローネ

チャンベッローネ(Ciambellone)とは、イタリアで主に穴のあいたドーナツ状のお菓子の事を言います。

アヤメアンティーコのキーケースも、イタリアの家庭で作るお菓子の代表とも言えるチャンベッローネ(Ciambellone)をイメージする美味しさ・・・というか、可愛らしさですよね!

チャンベッローネのディテール

アヤメアンティーコのキーケース・チャンベッローネ

アヤメアンティーコのキーケース、チャンベッローネで使用されている革は、イタリアの皮革文化が誇るミネルバボックスになります。

そして、そのミネルバボックスが施された本体は、重厚感の有る真鍮になります。

アヤメアンティーコのキーケース・チャンベッローネ

チャンベッローネには、スライド式キーリングが3つ付いています。

アヤメアンティーコのキーケース・チャンベッローネ

ナスカンが付いていますので、例えばジーンズのベルトループに通して持つ事も可能です。

アヤメアンティーコのキーケース・チャンベッローネ

バッグなどにぶら下げてもチャーミングに映えます。

アヤメアンティーコのキーケース・チャンベッローネ

ギフトにお勧めのキーケース

アヤメアンティーコのキーケース・チャンベッローネ

以前、テレビのインタビューで目にしたのですが、東北楽天ゴールデンイーグルスのエース、則本昂大投手が、後輩でイーグルスの守護神、松井裕樹投手の二十歳の誕生日プレゼントに、キーケースをプレゼントしたそうなのです。

個人的に、このプレゼントのチョイスは120点ですね!

キーケースは、意外と持っている人が少ないのです。

当たり前ですが、複数の鍵を何となくジャラジャラ持っているよりも、キーリング、キーケースなりに通して持っている方が、やはり見栄えは良いです。

また、キーケースは値段も手ごろですので、受け取る方も肩ひじ張らずに喜んで貰えます。

野球選手というと・・・非常に高額な年俸でプレーしていますので、先輩から何百万もする時計を貰ったという話や、車を買ってもらった等と言う、一般人からすると、驚く様なプレゼントの話を聞いたりします。

則本投手も、当時既に1億円プレイヤーでしたが、二十歳の松井投手へのプレゼントに、キーケースを選んだというのは、とても好感が持てました。

因みに、二十歳の松井投手が乗っている車はベンツとの事。。。

自分のお給料で買ったとは言え、高校出たての二十歳の若者がベンツ君を買えるのですから、やはりプロ野球選手の生活は一般人とは違いますね(笑)

もっとも、プロ野球選手は身体が資本ですから、万が一、事故を起こしたとしても、身体を怪我しない様にする為には頑丈な車が必需品なのだとは思います。(今年、軽自動車を運転していて交通事故を起こし、1か月以上仕事を休んだ管理人WalletLabo談。)

そんなベンツに乗っているイーグルスの二十歳の守護神・松井投手は、則本投手からのプレゼントについて「車のカギを付けて毎日使っています!」と嬉しそうに答えており、則本投手も「本当~?」と、こちらもとても嬉しそうでした。

恋人未満のあの人へのプレゼントにキーケースの勧め

キーケースは、前述の通り、肩ひじ張らずに受け取って貰い易いので、恋人未満の人へのプレゼントにお勧めです。

私事で大変恐縮ですが・・・仙台の田舎の高校を卒業し、憧れの都内の大学に入り、そしてメッチャ好きな人が出来た管理人WalletLabo。

その当時、ワタクシの女神さまはトイレに行くのだろうか?と本気で考える程、もぅ惚れ目クラ状態でした。。。

当時の私は、その女神様の誕生日に自分で稼いだお金でプレゼントを贈りたく思い、張り切って一生懸命アルバイトをしまして、ネックレスを買いました。

ただ・・・当時の私は恋人未満だった女神さまに、明らかに気持ちを伝える品となるネックレスを渡す勇気が有りませんでした。。。

結局、ネックレスは渡さずじまい・・・そのネックレスは「嘆きのペンダント」として私の勇気の無さ、意気地無しの証として、大学を卒業するまで引き出しに仕舞われていました。

因みに・・・今、タイムマシーンに乗って当時の私に助言しに行けるならば・・・「いきなりネックレスを贈ろうとするな!代物で告白せずに、まずは肩ひじ張らずに素直に受け取って頂ける可愛らしいモノを贈りなさい!!」と助言しますね。。。

如何でしょう?

色々な意見が有るかとは思いますが、恋人未満のあの人へのプレゼント、或いは付き合い始めたばかりの初々しい時にネックレス等、値段の張るモノは、少々重すぎるというか・・・もう少し肩ひじ張らずに受け取って貰えるモノの方が良いのでは・・・と思いますね。

そして、キーケースをプレゼントする時には、是非!心のこもった手紙を添えて贈って下さい。

アヤメアンティーコのキーケース・チャンベッローネ

きっと、気持ちが伝わり、そのキーリングにはお互いの心の鍵がぶら下がっていると思いますよ!

そして、イタリアの皮革文化が誇る美しいミネルバボックスが施されたキーケースは、二人の時を刻むかの様に、色濃くエイジングしていく事でしょう。

アヤメアンティーコのキーケース・チャンベッローネのカラーバリエーションと価格

上の写真は、アヤメアンティーコの公式サイトからお借りした画像になります。

ご覧の様に、アヤメアンティーコのキーケース・チャンベッローネのカラーバリエーションはネロ(ブラック)マッローネ(ブラウン)アッズーロ(ブルー)3色になります。

因みに、管理人WalletLaboのチャンベッローネはマッローネ(ブラウン)になります。

そして、チャンベッローネの値段ですが、税込4.000円となっています。

アヤメアンティーコの贈答用包装

因みに、ギフト用包装、リボンラッピングは無料!

アヤメアンティーコのキーケース、自分用は勿論、プレゼントにもお勧めです。

アヤメアンティーコのキーケース・チャンベッローネ

※価格は時々変わる事が有るので、公式サイトでご確認下さい。

アヤメアンティーコのキーケース・チャンベッローネ、詳しくは↓↓公式サイトから

>>http://ayameantico.jp/チャンベッローネ