財布は消耗品ですので、使っているうちに糸がほつれてきたり、或いは接着部分が剥がれてきたりといった事が有るかと思います。

その際、上質な本革製品を使用し、職人が手作りで財布を縫製しているブランドの場合、修理保証が付いている事が有ります。(というか、個人的には本革の財布やカバンを買うのであれば、長い事使用する事を考え、修理保証が付いているメーカーの製品を選ぶ事をおすすめします。)

大切な財布、思い出の財布であるなら、尚の事、修理してでも長く使いたいと思いますよね。

因みに、SMAPの香取慎吾氏は、木村拓哉氏からもらった財布を何年かに一度、修理しながら、20年以上大切に大切に使用しているそうです。

そこで、当サイトでレビューしております修理保証の有る財布ブランドをご紹介します。

ココマイスター

ココマイスターの長財布「ブライドル グランドウォレット」

ココマイスターは、ブライドルレザーやミネルバボックス等世界有数の伝統的な天然皮革、或いはナポレオンカーフやオークバーク等の希少皮革を取り扱う高級皮革専門店になります。

ココマイスターは2009年創業の比較的新しいブランドながら、日本屈指の熟練職人100名以上が仕立てる財布・鞄を取り揃えています。

ココマイスターのコンセプトは「日本の職人がつくる心温まる革製品」

手先の器用さに関しては世界一の日本の熟練職人を選定し、細部まで手を抜かない、こだわりの“ものづくり”を信念としています。

厳選した素材とセットとなり、一生涯使える、愛着がもてる革製品を生み出し続けています。

そして勿論!修理保証付き!

ココマイスターの革製品には、永年保証制度が付いていますので、ココマイスターで購入した財布は、一生使う事が出来ます。

カバンに至っては、大切に修理しながら使えば、親子孫の3代の渡って使う事も可能!

ココマイスター・ビジネスバッグ、アタッシュケース

ココマイスターの財布や名刺入れ、鞄といった皮革製品のレビューを見たい方は、こちらをどうぞ⇒⇒⇒ココマイスターの財布と名刺入れ、カバンをココマイスターの社員さんと共に徹底解説!

アヤメアンティーコ

アヤメアンティーコは、若き革職人の巨匠、菖蒲智氏が立ち上げた革製品ブランドになります。

菖蒲氏は革職人としての矜持の塊の様な方で、アヤメアンティーコで使用される革は、イタリアで受け継がれる伝統のバケッタレザー、カルロバダラッシ社のミネルバボックスとミネルバリスシオの2種類のみ!

カラーバリエーションもそれぞれ2色のみ!

そこには、この革からこそ、職人として満足、納得のいく作品が生み出せるという矜持を感じます。

アヤメアンティーコ(AYAME ANTICO)代表、菖蒲智とポルタフォーリオ・フォルマエッレ

上の写真がアヤメアンティーコ(AYAME ANTICO)代表、菖蒲智氏なのですが、菖蒲さんがお召のベストはなんと!100年前に造られたものだそうです!!

「本当に良いモノは、長く使えるし、長く使いたいと思うものなのですよ!」と語る菖蒲さん。

アヤメアンティーコの革製品は、日本の熟練手縫い専門職人がひとつずつ手がけた上質な革製品です。

アヤメアンティーコ(AYAME ANTICO)の製作道具

当然、修理もしてもらえます!

アヤメアンティーコに関して、そして菖蒲さんの矜持をもっと知りたい方は、こちらをどうぞ⇒⇒⇒アヤメアンティーコ(AYAME ANTICO)