財布から小銭が取り出し難くて困った事、無いですか?

スーパーなどで支払いをしようにも、小銭入れの中の小銭が見えにくく、後ろで待っている人のイライラ感が伝わってきて、早くしなければと焦れば焦るほどに小銭が取り出せず・・・という経験をなさった事はないでしょうか?

管理人WalletLaboは、年のせいか、最近増えてきているんですよね・・・小銭が取り出し難い、財布の中の小銭が見え難いというケースが。。。

特に、外国では普段使っていない不慣れな小銭になるので、小銭探しに時間がかかってしまう事が増えてきており、小銭が取り出し易い財布が欲しいなぁ・・・と思っていました。

そんな中、先日、財布の見本市、展示会が有ったのですが、そこで小銭の取り出しやすさに特化した財布と出会う事が出来ました。

カルトラーレのハンモックウォレットという財布は、恐らく管理人WalletLaboと同じ悩み、小銭の取り出し難さという悩みを抱える少し手先が不器用な方が開発したのでは、と思ってしまう程に、小銭入れスペースが大胆な造りとなっていました。

因みに、結論を最初に申し上げれば、大変にスタイリッシュな薄い財布で、カードの収納などの面から、メイン財布としての使用には難があるかもしれませんが、クールビズで上着を脱いでいる夏、スラックスの後ろポケットにとても似合いそう、スムーズに収まりそうでした。

とってもスマートで薄い財布なので、後ろポケットに入れてもポケットが膨らむ事は無いかと思います。

コンパクトで使いやすい財布をお探しの方にお勧めの逸品のカルトラーレのハンモックウォレット、こちらで詳しくレビューしたく思います。

カルトラーレのハンモックウォレット

とりあえず公式サイトを確認したいという方はこちら⇒⇒⇒カルトラーレ

カルトラーレのハンモックウォレット

カルトラーレのハンモックウォレット

上の写真が、カルトラーレのハンモックウォレットになります。

非常にスタイリッシュ・・・というか、ミニ財布、極小財布とでも名付けたくなるコンパクトさが、写真からでもお解り頂けるのではと思います。

小銭が取り出しやすい財布

カルトラーレのハンモックウォレット

カルトラーレのハンモックウォレットは、前述の通り、小銭が取り出し易い財布として開発された二つ折り財布になります。

カルトラーレのハンモックウォレットを横から見たところ

上の写真は、カルトラーレのハンモックウォレットを横から見たところですが、丁度ハンモックを吊るした様に見える事がお解り頂けるかと思います。

この部分がハンモックウォレットの由来であり、そして小銭入れになっています。

カルトラーレのハンモックウォレットを開いたところ

こちらはカルトラーレのハンモックウォレットを開いたところ。

この広いスペースが小銭入れ部分でして・・・

カルトラーレのハンモックウォレットの小銭入れ部分の小銭を入れたところ

この様に、小銭を取り出すときに、コインを一目瞭然で見る事が出来ます。

カルトラーレのハンモックウォレットの小銭入れ部分の小銭を入れて閉まったたところ

因みに、財布を閉じる時は、この様に左右の蓋の様なかぶせの部分を閉める感じになります。

かぶせの部分は、左右がぴったり合わさる訳ではなく、若干ですがスペースが空くので、そこから小銭が落ちたりしないかな・・・或いは、ガバッと開く形の小銭入れ部分を開いた時に、小銭も一緒に落としてしまったりしないかな・・・と思い、実際に小銭を入れて、何度か試してみたのですが、不慣れな状態であっても小銭を落とす心配は大丈夫かと思います。

カルトラーレのハンモックウォレットの小銭入れ部分に小銭を入れて閉まったたところ

上の写真は、小銭を入れた状態で財布事態を閉めた所なのですが、最初、小銭を入れると少し膨らむな・・・と思ってしまいました。。。

ところが!展示会で配布された資料を読んで成程!と思わず唸ってしまったのですが、小銭が取り出し易いと、会計の際に手間取ることなく小銭を支払う事が出来るので、自然と小銭がはけていくとの事。そのお陰で、無駄に小銭ばかりが増えてしまう事が無くなるそうです!

そうなんですよね・・・切りよく支払おうとしても、硬貨を見つけ出すのに手間取り、結局お札で支払ってしまうから、硬貨がドンドン溜まってしまう訳であって、硬貨が見やすい、しかも、財布を開くと真っ先に小銭入れで、最初に硬貨が視認出来るのですから、切り良く支払う事が可能となる訳です。

カルトラーレのアイディアに乾杯!!

カルトラーレのハンモックウォレットの札入れ部分

カルトラーレのハンモックウォレットの札入れ

上の写真は、カルトラーレのハンモックウォレットの札入れ部分になります。

カルトラーレのハンモックウォレットの札入れ部分

お札の出し入れもスムーズに出来たのですが、今回、カルトラーレのハンモックウォレットを見て、唯一惜しい!と思ってしまったのが・・・実は、100ユーロ札が、わずかにはみ出してしまう事でした。。。

カルトラーレのハンモックウォレットの札入れに100ユーロ紙幣を入れたところ

上の写真は、カルトラーレのハンモックウォレットの札入れに100ユーロ紙幣を入れたところなのですが、ほんの僅か、はみ出している、収納しきれていない事がお解り頂けるかと思います。

100ユーロ札は、ずんぐりしていますからね。。。

ただ、豆知識として申し添えますと、実はヨーロッパでは、100ユーロ札で支払おうとすると、嫌な顔をされる事が多々有ります。。。

日本円程に偽札対策が施されていない事、カード社会という事もあり、基本的に紙幣での支払いは1ユーロ札、5、10、20ユーロ札でのやり取りが多いのが実情です。

50ユーロ札でも嫌な顔をされる事が有る位で、100ユーロとなると、大体はカードで支払う方の方が多いかもしれません。

とは言え、旅行者の場合は、いくらかのお金を持っていた方が気持ちにゆとりを持って買い物に行けますからね。

100ユーロ札は、防犯の為にも折りたたんでカード入れに入れて置く方が良いかもしれません。

因みに、カルトラーレの公式サイトを確認したのですが、ハンモックウォレット、米ドルは問題なく収納出来る様です。

カルトラーレのハンモックウォレットのカード入れ部分

カルトラーレのハンモックウォレットのカード入れ

カルトラーレのハンモックウォレットのカード入れは、左右に有ります。

因みに、実際にカードを入れてみましたが、左右各2枚ずつで計四枚、無理をすれば左右各3枚ずつで計六枚のカードが収納できました。

このコンパクトな財布で6枚のカードが収納出来るのは、個人的に少し驚きでした。

極小財布ながら、収納力は思ったより有ると言えます。

因みに・・・

カルトラーレのハンモックウォレットのカード入れに鍵を入れたところ

カード入れには鍵も入りました。

鍵も財布に入れてしまえば、本当に手ぶらでお出かけも可能ですね!

カルトラーレのハンモックウォレットのススメ

カルトラーレのハンモックウォレット

カルトラーレのハンモックウォレットに関し、小銭が取り出し易いという点にフォーカスしてここまで綴ってきました。

小銭が取り出し易いという点と同じ位、個人的におすすめポイントだな・・・と思ったのが、ズボンの後ろポケットに仕舞っても、ポケットが膨らまないという事になります。

冒頭にも綴りましたが、夏、クールビズで上着を脱いで、スラックスの後ろポケットが見える状態の時、そこが財布で膨らんでいるのは、あまりスマートな印象は与え無い様に思います。

私見ですが、男性は後ろポケットが膨らんでいても気にしない方が多い様にも思いますが、女性は芳しく思わない方が多い様に感じます。

ですが、大変にスタイリッシュで薄い財布のカルトラーレのハンモックウォレットならば、後ろポケットに入れても殆ど目立ちません。

勿論、夏以外にスーツの内ポケットに入れても気にならない、スムーズに出し入れが出来る事でしょう。

恋人や旦那さんの財布が膨らんでいる事、ポケットが膨らんでいるのが気になるという方には、プレゼントとしてもお勧めかと思います。

カルトラーレのハンモックウォレット

カルトラーレのハンモックウォレット、詳しくは公式サイトから↓↓

>>カルトラーレ