ココマイスターで使用されている革素材、ブライドルの紹介です。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

とりあえず公式サイトを確認したいという方はこちら⇒⇒⇒http://cocomeister.jp

ブライドルレザーとは?

ココマイスターの長財布「ブライドル グランドウォレット」

ブライドルレザーという名の由来は、馬具という意味のブライドルからきています。

ブライドルレザーは、馬具(手綱など)として使用する為、丈夫な革であることを求めに対し、作られた革になります。

ブライドルレザーは、なんといってもその堅牢さと美しい光沢が特徴です。イギリスで1000年以上前から続く伝統的な製法で、革に何度もロウを塗りこむことで繊維を引き締めます。表面に白く浮き出ているのはロウで「ブルーム」と呼ばれており、ブライドルレザーの証でもあります。使用するうちに徐々にブルームが取れ、美しい光沢のある表情へ変化します。 耐久性も素晴らしいですが、硬い革であるが為に縫製が難しく、1つの製品として出来上がるには、日本の熟練職人の技術が必要不可欠です。1900年創業の英国名門タンナーによって生み出される極上レザー。完成までに約5か月を要する工程は、複雑で手間もかかる。まさに職人が生み出す、極上レザーです。

ブライドルレザーの特徴

ブライドルレザーの素材は牛革。

牛革を、丈夫で耐久性に強い革にする為、革をロウ漬けにし繊維を引き締めている事がブライドルレザーの最大の特徴です。
 
その為、ブライドルレザーの製品には、革の表面に白い粉(ブルーム)のようなものが見えますが、これは革に染み込ませたロウが出てきたものなのです。

そんなブライドルレザーに触れてみると、ロウ漬けをしている革の為、手に吸いつくような、多少の滑り感があります。(ペタッと髪にワックスをつけた後の手の感じと似ているかもしれません。)

表面のロウは使用していくうちに深い光沢へと変化する為、まるで一皮むけたより輝く大人への成長を演出してくれる革です。

白い粉が浮き出る不思議な皮革

ココマイスターのブライドルレザーは、ロウを丁寧に染み込ませている為、白い粉(ブルーム)が浮き出る場合がございます、これはブライドルレザーの特徴でもあります。繊維の細部にまで染み込ませたロウが表面に浮き上がっており、これをふき取ると何とも言えない深い光沢が生まれます。表面のロウは、季節によって見え方が異なることがあります。夏場は高温により固まりにくくなる反面、冬場は表面に白く浮き出やすいです。その全てはブライドルレザーならではの個性となります。

高級感漂う堅牢性

高級感とともに、堅牢さも感じられるブライドルレザーは、かつて英国で馬具などに使われていた皮革です。ロウを染み込ませ繊維間の強度を何倍にもしていきます。それにより、耐久性は素晴らしく、適切なお手入れと気遣いで、何十年もの使用にも耐えられる皮革となっています。

天然皮革を堪能できる素材

ココマイスターのブライドルレザーは、牛革の中でも最も硬いショルダー部分の皮革を使用しています。ショルダー部分は、比較的にバラ傷や色ムラ、血筋やトラ(シワ)などが多く含まれる部分でもあります。牛が生きていた頃についたキズやトラなど、上質な天然皮革ならではの表情を堪能できる仕上げになっているので、1枚1枚、個性的な表情を楽しむことができます。

ブライドルレザーのブルームとブドウのブルーム

ブライドルレザーの表面の白い粉の様なモノは「ブルーム」と呼ばれます。

因みに、ぶどうの表面に浮かび上がる白い粉の様なモノも同じく「ブルーム」と呼ばれます。

ぶどうのブルーム

ぶどうのブルームが、雨からぶどうの実を守り、果実の水分の蒸発を防ぎ、外部刺激からぶどうを守ってる様に、ブライドルレザーのブルームも、水分を弾く事で革を守り、しなやかさを保ちつつ強度を高めています。

ブルームに守られたブライドルレザーを使用した財布や名刺入れ、鞄は大変丈夫な逸品で、修理保証の付いているココマイスターの製品ならば、親から子、子から孫と、親子三代で受け継いで使える事、請け合いです!

ブライドルレザーのお手入れ

ブライドルレザーのお手入れとしては、ご購入当初はレザーからロウが出てくるので乾拭きをしてあげるだけで問題ありません。乾拭きをしていても表面にかさつきが出てくるようであれば、皮革用クリームなどで油分を補給する必要があります。ただし、ブライドルレザーはタンニンなめしの革で、水には弱いため、雨の日に使うときには防水スプレーなどで保護する必要があります。

ブライドルレザーの財布

ココマイスター・社員の財布「ブライドル グランドウォレット」

上の写真は、ココマイスターの社員さんの財布で、ブライドル グランドウォレットになります。

ココマイスターのブライドル グランドウォレットを、掘り下げて解説しているページはこちら⇒⇒⇒ブライドル グランドウォレット~ココマイスターの社員さんの財布~

ジョージブライドル

因みに、ココマイスターの商品シリーズに、「ジョージブライドル」というモノがありますが、これは、ブライドルレザーを内装まで使ったシリーズの名称になります。

ココマイスター「ジョージブライドル ロイヤルウォレット」

上の写真は、ココマイスターの社員さんの財布で、ジョージブライドル ロイヤルウォレットになります。

ココマイスター・ジョージブライドル ロイヤルウォレットの内装

上の写真は、ジョージブライドル ロイヤルウォレットの内装なのですが、ヌメ革ではなく、外側と同じブライドルが使われているのがお解り頂けるかと思います。

この様に、外装のみならず、内装にまでブライドルレザーを用いたシリーズが、ココマイスターでは「ジョージブライドル」と名付けられています。

ココマイスターのジョージブライドル ロイヤルウォレットを、掘り下げて解説しているページはこちら⇒⇒⇒ジョージブライドル ロイヤルウォレット~ココマイスターの社員さんの財布~

ブライドルの名刺入れ

ココマイスターの名刺入れ・ジョージブライドル名刺入れ(ココマイスターの社員の名刺入れ)

上の写真は、ココマイスターの社員さんの名刺入れで、ジョージブライドル名刺入れになります。

ココマイスターのジョージブライドル名刺入れを、掘り下げて解説しているページはこちら⇒⇒⇒ジョージブライドル名刺入れ~ココマイスターの社員さんの名刺入れ~

ブライドルレザーのススメ

ブライドルレザーは、ココマイスターの中でも人気の革素材になります。

白い粉が浮かび上がるブライドルレザー、そして、使いこむ事でその白い粉・ブルームが取れた時に現れる艶やかな素顔は、他の牛革とは一線を画する深みを伴い、使う人、見る人を魅了し続ける逸品です。

ブライドルの価格

ココマイスターのブライドルレザー素材の値段です。

長財布 27,000円~
二つ折り財布 24,500円~
小銭入れ 18,000円~
名刺入れ 13,000円~
公式サイト http://cocomeister.jp

ジョージブライドルシリーズの価格表

ジョージブライドルシリーズは、内装にもブライドルレザーを用いているので、通常のブライドルシリーズよりもお値段は少し高くなっています。

長財布 43,000円~
二つ折り財布 35,000円~
小銭入れ 25,000円~
名刺入れ 22,000円~
公式サイト http://cocomeister.jp


※価格は時々変わる事が有るので、公式サイトでご確認ください。

ココマイスターの製品を、ココマイスターの社員さんと共に掘り下げて解説しているページはこちら⇒⇒⇒ココマイスターの財布と名刺入れ、カバンをココマイスターの社員さんと共に徹底解説!

管理人WalletLaboの話がまどろっこしいという方は、ブライドルレザーの製品を早く見たいという方は、ココマイスターの公式サイトへどうぞ

>>ブライドルレザー