レザーは勿論、コットンや麻、デニムを使用し、魅力的な財布やバッグを展開するDakota(ダコタ)のご紹介です。

Dakota(ダコタ)

Dakota

Dakota(ダコタ)のレディースバッグ

上の写真が管理人WalletLaboの細君が愛用するDakota(ダコタ)のレディースバッグになります。

Dakota(ダコタ)のコンセプト

Dakota(ダコタ)のロゴ

レザーやコットン、麻。
天然素材の持つ自然な風合いと感触。
本物だけが持つ質感を活かし、
Dakotaは、使うほどに愛着が湧く、
ナチュラルなカジュアルアイテムを創造します。

ナチュラルなスタイル。
それは「ありのまま」をデザインすることです。

Dakota(ダコタ)のイメージ

Dakota(ダコタ)のレディースバッグを肩から下げている所

改めまして、Dakota(ダコタ)のブランドとしてのイメージなのですが、元々レディースブランドとしてスタートした事も有り、女性向けの製品、レディースバッグやレディースウォレットが充実している印象が有ります。

Dakota(ダコタ)ではメンズバッグ、メンズウォレットも製品化していますが、創業時のイメージも有り、今尚、Dakota(ダコタ)はレディースブランドという印象を持つ人が多いのでは、と思います。

そんなDakota(ダコタ)の製品ですが、レザーを使用したバッグは革の自然な風合いを生かしたシンプルなデザインのモノが主流で、良くも悪くもレディースレディースしていない、ともするとメンズライクな感じだった様に思います。

その後、レザー以外の素材を用いたモノも展開する様になりますが、デザインは素材の良さを生かしつつ、アクセントとして例えばフラワーモティーフの刺繍が入っていたり等、若い方向けの一品も増えてきている様に思います。

Dakota(ダコタ)のレディースバッグを方から下げて持っている所

こちらのデニムを使用したDakota(ダコタ)のバッグなのですが、使い込んだかのような風合いの幾つかのデニム生地を組み合わせ、遊び心を持ちつつ、部分的にあしらわれたレザーパーツがカジュアルな中にも大人っぽいアクセントをプラスしています。

管理人WalletLaboの細君は、上のデニムを使用したDakota(ダコタ)のレディースバッグが大のお気に入りで、喜んで愛用しています。

Dakota(ダコタ)、お勧めのブランドです。