財布を買い替えたい!、或いは財布をプレゼントしたい!と思う方は多いかと思います。

財布は皆が必ず持つモノでありながら、実際、財布を買うとなると、どの様な財布を買えば良いのか、どの様な財布をプレゼントすれば喜んで使ってもらえるのか、難しいモノが有ります。

そこで先日、財布の選び方、贈り方と題しまして、某見本市にてメンズ財布でお馴染みのココマイスターの社員さんに、財布の見方に関して、詳しくインタビューを敢行いたしました。

なんと!インタビュー時間3時間半!!

実は・・・見本市が終了の時間になっても管理人WalletLaboの用意した質問は終わらなかったのですが、ココマイスターの社員さんは私の熱意に応えて全面協力して下さり、最後の質問まで妥協する事なく答えていただきました。

二つ折り財布が良いのか、或いは長財布が良いのかで迷っている方・・・

長財布を使ってみようかしらと考えている方・・・

本革製品を初めて買う方で、お手入れに不安が有る方・・・

お祝いで財布をプレゼントしたいけど・・・

恋人へのプレゼントに財布を考えている方・・・

そんな財布と革に関する疑問に徹底的に答えて頂いたお陰で、この記事は初めて天然皮革の財布を買う方から革製品マニアまで、全ての方にとって財布選びの新境地に達する大変に濃厚な内容となりました!

この記事を最後まで読んで頂ければ、自分に相応しい財布の選び方、プレゼントとしての財布の選び方が完璧に理解してもらえるはず!

因みに管理人WalletLaboは、今回のインタビューを経て、新しい財布をゲットしました。

私がココマイスターの社員さんの卓見に成程!と納得してゲットした財布のレビューも最後に綴りました。

管理人WalletLaboが、ココマイスターの社員さんの話を聞いて、どんな財布を新たにゲットしたのか・・・是非、最後までお付き合いくださいませ!!

ココマイスターの財布

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

かなり長い記事となっていますので、お急ぎの方は目次より興味のある部分に飛んで読む事をお勧めします!

そして、財布の選び方に関して、ココマイスターの7名の社員さんにお答え頂きましたが、見解が異なっているケースは幾つか有ります。

財布を使うのは自分ですし、財布をプレゼントする相手も自分の気持ちを贈る相手になります。

ココマイスターの7人の社員さんの見解で「成程!」と感じた意見を、自分で選ぶ際の参考にして頂ければ幸いです。

管理人WalletLabo拝

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

とりあえず財布を色々見てみたいという方はこちら

⇒⇒⇒ココマイスター

ココマイスター

ココマイスター

ココマイスターは、世界有数の伝統・希少皮革に拘り、最高品質のレザーのみを取り扱う高級皮革専門店になります。

日本の職人がつくる心温まる革製品

ココマイスターのコンセプトは日本の職人がつくる心温まる革製品

世界最高の革を世界最高の職人が縫製する事に拘り、日本屈指の熟練職人が細部まで手を抜かない、こだわりの“ものづくり”を信念とし、財布や名刺入れ、カバン、バッグといった革製品を仕立てています。

ココマイスターの製品は、厳選された素材・革とセットとなり、一生涯使える、愛着がもてる革製品となっており、大変に高い評価を得て、不動の地位を築いています。

ココマイスターの財布

ココマイスターの新境地

創業以来、ココマイスターではイギリスの伝統皮革のブライドルレザー、或いはイタリアが世界に誇るミネルバボックス、更には日本ではココマイスターのみが製品化しているイタリア秘伝の皮革ナポレオンカーフ等、天然皮革の魅力を伝える事に注力している印象でした。

ですが!2016年に発表された3つの新シリーズは、これまでのシリーズとは違ったモノ、革・レザーが背負っているモノを打ち出してきました。

因みに、今回の見本市でも、この3つの新シリーズが前面に展示されていました。

まず最初に、ココマイスターが2016年に発表した新シリーズをご紹介します。

オークバーク

ココマイスターのオークバークシリーズ、オークバークブリストルとオークバークウェスターリー

上の写真はココマイスターのオークバークシリーズ、オークバーク ウェスターリーになります。

オークバークは、紀元前からの皮革文化の歴史を持つイギリスの革になります。

そして、オークバークは黎明期から伝わる製法、樹木(オーク)の皮だけで革をなめすというアナログ製法でなめされた革になります。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

「なめし」とは何か?

動物の皮は通常、そのままでは製品としては使用できません。

なめし作業(皮のコラーゲン繊維になめし剤を浸透させる工程)を経て、「皮」は「革」へと生まれ変わり、晴れて製品素材となります。

因みに、なめしを行わないと、「皮」は腐ってしまいますし、なめしの技術がイマイチでも、耐久性が劣ったり、使っていく事で経年変化というよりも、「劣化」してしまう粗悪な素材になってしまいます。

ココマイスター・オークバークのロゴ

上の写真は、オークバークのロゴになりますが、伐採された樹木がモティーフになっている事、お解り頂けるかと思います。

そんな樹木の皮でなめされるオークバークなのですが、その昔、そこには鉄の掟が有りました。

それは・・・365日と1日をかけて作るというモノ。

樹木の過剰な伐採を防ぐ為に定められた掟なのですが、タイムイズマネーの現代では、絶対に受け入れられないであろう掟です。。。

そして、この掟を破った職人は、手首を切り落とされるという厳しい罰が有りました!

そんな厳しい掟を背負ったオークバークは、そのあまりにも非生産的な製法から、絶滅寸前の革となっていました。

ですが、ココマイスターが世界で初めてオークバークを財布や名刺入れとして製品化したのです。

ココマイスターの長財布・オークバークブリストルの内装

ココマイスターのオークバークシリーズでは、内装部分にも贅沢にオークバークが使用されています。

鉄の掟を背負ったが故に、陽の目を浴びる事無く絶滅寸前となっていたオークバークは、ココマイスターにより蘇り、そしてこれからは革マニア垂唾の逸品となっていく事でしょう!

ココマイスターのオークバーク

オークバークを更に詳しく⇒⇒⇒オークバーク

プルキャラック

ココマイスターのプルキャラックシリーズ・プルキャラッククラウディオ

上の写真は、ココマイスターのプルキャラックシリーズ、プルキャラック クラウディオになります。

プルキャラックシリーズは、ココマイスターのオリジナルストーリーを交えた新シリーズになります。

「プルキャラックシリーズ」は男たちの大きな夢と野望を秘めた船、キャラック船「COCOMEISTER号」を表現しています。

ココマイスターのプルキャラックシリーズのロゴ

上の写真は、ココマイスターのプルキャラックシリーズのロゴなのですが、大航海時代より復活したキャラック船「COCOMEISTER号」がモティーフとなっています。

夢と野望が渦巻く、海の男たちの物語を、イタリア最高級のプルアップレザー「NEVADE」を用いて、アンティークな風合いながら艶のあるココマイスターらしい逸品に仕立てられています。

ココマイスターの長財布・プルキャラック クラウディオの内装部分

ココマイスターのプルキャラックシリーズでは、内装部分にも贅沢に外装と同じイタリア最高級のプルアップレザー「NEVADE」を使用しています。

ココマイスターのプルキャラッククラウディオ

プルキャラックシリーズを更に詳しく⇒⇒⇒プルキャラックシリーズ

ロンドンブライドル

ココマイスターのロンドンブライドル・ロンドンブライドルスプレッドイーグル 

上の写真は、ココマイスターのロンドンブライドルシリーズ、ロンドンブライドル スプレッドイーグルになります。

1871年にイギリス・ロンドンにオープンした「Royal Albert Hall」からインスピレーションを得て誕生したココマイスターの「ロンドンブライドルシリーズ」。

通称ココマイのロンブラでは、外装にイギリスの堅牢なブライドルレザーを使用し、内装にイタリアの伝統製法により生まれたマットーネが使用されています。

ココマイスターの長財布・ロンドンブライドルスプレッドイーグルの内装部分

上の写真は、ロンドンブライドル スプレッドイーグルの内装部分。

ココマイスターの定番レザー・人気皮革であるブライドルレザー、マットーネを表と内側に配した革好きにはたまらない逸品となっています。

ココマイスターのロンドンブライドルシリーズのロゴ

上の写真は、ココマイスターのロンドンブライドルシリーズのロゴになります。

ロンドンブライドルシリーズのロゴには、目標に真っ直ぐへ向かう紳士への勝利の象徴である“馬と貴族”が描かれています。

ココマイスターのロンドンブライドルスプレッドイーグル

ロンドンブライドルシリーズを更に詳しく⇒⇒⇒ロンドンブライドルシリーズ

ココマイスターの社員さんの財布

財布の選び方、贈り方と題したテーマの前に、まず最初にココマイスターの社員さんがプライベートで愛用している財布を見せて頂きましたので、何故その財布を愛用しているかの理由を含め、こちらでご紹介します。

ココマイスターの社員さん、Aさん愛用の財布

ココマイスターの社員のAさんと、愛用のブライドルアルフレートウォレット

上の写真は、ココマイスターの社員のAさんと、Aさん愛用のブライドル アルフレートウォレットになります。

因みに、ブライドルアルフレートウォレットを使用している理由は、ササマチの財布が好きでとの事です。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

ササマチとは、財布の形の事になります。

ココマイスターの名刺入れ、ササマチと通しマチ

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

写真の左側の笹の葉の様な形のモノをササマチ、右側の様な形のモノを通しマチと言います。

ココマイスターの社員さん、Hさん愛用の財布

ココマイスターの社員さんのHさんと、愛用のオークバーク ウェスターリー

上の写真は、ココマイスターの社員さんのHさんと、愛用のオークバーク ウェスターリーになります。

オークバーク ウェスターリーを使用している理由は、オークバークが背負っているドラマ(365日と1日をかけてなめすという鉄の掟。そして、掟破りをした職人は、手首を切り落とされるという厳しい罰。)に感動したからだそうです。

オークバークは、そのあまりにもアナログな製法により、陽の目を見ずに絶滅寸前となっていたレザーですが、ココマイスターが蘇らせた事により、これから注目されるレザー、大器晩成の革として愛されていくレザーです!との事です。

ココマイスターの社員さん、N・Sさん愛用の財布

ココマイスターの社員さんのN・Sさんと、愛用のシェルコードバン スタンフォード

上の写真は、ココマイスターの社員さんのN・Sさんと、愛用のシェルコードバン スタンフォードになります。

シェルコードバンスタンフォードを愛用している理由は、かっこいいから!この一点だそうです(笑)

ココマイスターの社員さん、Tさん愛用の財布

ココマイスターの社員さんのTさんと、愛用のロンドンブライドル ショットオーヴァー

上の写真は、ココマイスターの社員さんのTさんと、愛用のロンドンブライドル ショットオーヴァーになります。

Tさんは、珍しい事に小銭入れのロンドンブライドル ショットオーヴァーをメイン財布として使用なさっています。

ロンドンブライドル ショットオーヴァーを愛用している理由は、新しいシリーズなので、革のエイジングを見てみたいと思ったからとの事。

小銭入れをメイン財布として使用する事に、不便は無いか聞いてみたのですが、お札が何枚か解りにくい事が有るけど、カードも沢山入るし、何よりコンパクトなので便利ですよ!との事です。

ココマイスターの社員さん、Sさん愛用の財布

ココマイスターの社員さんのSさんと、愛用のプルキャラック ロンバルディア

上の写真は、ココマイスターの社員さんのSさんと、愛用のプルキャラック ロンバルディアになります。

プルキャラック ロンバルディアを愛用している理由は、新シリーズで、誰も使っていなかったので!との事。

そして、使っていくうちに、どんどん好きになる、虜になっています。との事です。

ココマイスターの社員さん、Nさん愛用の財布

ココマイスターの社員さんのNさんと、愛用のロンドンブライドル グラディアトゥール

上の写真は、ココマイスターの社員さんのNさんと、愛用のロンドンブライドル グラディアトゥールになります。

ロンドンブライドル グラディアトゥールを愛用なさっている理由は、新しいシリーズのエイジングを知りたかったからとの事です。

ココマイスターの社員さん、Kさん愛用の財布

ココマイスターの社員Kさんと、愛用のマットーネ オーバーザウォレット

上の写真は、ココマイスターの社員Kさんと、愛用のマットーネ オーバーザウォレットになります。

マットーネ オーバーザウォレットを愛用なさっている理由は、編み込みタイプが好き!編み込みタイプがかわいいから!!との事です。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

ココマイスターの女性社員さんの財布をご紹介しましたが、皆さん、メンズ財布を愛用なさっています。

ココマイスターの女性社員の皆さんがメンズ財布を愛用なさっているのは、財布を選ぶ上で、大変興味深く思います。

因みに、ココマイスターと言えばメンズ財布の印象が有りますが、ココマイスターはレディース財布も展開しており、実際、管理人の細君はココマイスターのレディース財布を愛用しています。

ココマイスターのロゼクロコブレンターノ

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

上の写真は、管理人の細君が愛用しているココマイスターのレディース財布、ロゼクロコブレンターノになります。

細君は、とても喜んで使っているのですが・・・ココマイスターの女性社員の皆さんが何故!好んでメンズ財布を愛用しているか、その謎も紐解きつつ、いよいよ財布の選び方、贈り方と題しての財布の選び方に入っていきます!

引き続き、最後までお付き合い下さい!

ココマイスターの公式サイトを確認したい方はこちら⇒⇒⇒ココマイスター

ココマイスターの財布

ココマイスターの社員さんが語るココマイスター

財布の選び方に入る前に、まずはココマイスターの社員さんに、ココマイスターに関して語ってもらいました。

ココマイスターの拘り

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

ココマイスターの拘りに関して、お話しください!

ココマイスターの社員のAさんココマイスターの社員のAさん

何と言っても完璧な製品を作っている事です!

日本の熟練職人が拘りを持って製作しています。

ココマイスターの社員Hさんココマイスターの社員Hさん

これまでのココマイスターは、造りへの拘りで来ましたが、最近は、もっと出来る事が有るのでは?、ココマイスターの製品を持つ事で、幸せを感じてもらえるのでは?と考える様になりました。

そこで、使って幸せ、そして持った事による喜びを感じて欲しく、新しいシリーズを展開しました。

ココマイスターが新しく生み出した革のストーリーには、本当に拘っています。

そして、ココマイスターの製品に愛着を持って欲しいという思いで一杯です。

ココマイスターの社員N・Sさんココマイスターの社員N・Sさん

世界最高の皮革と造りです!

ココマイスターの社員Tさんココマイスターの社員Tさん

素材に妥協が無い点ですね!

ココマイスターで使用している革は、文字通り世界最高の革です。

ココマイスターの社員Sさんココマイスターの社員Sさん

ただの革では無い点です!

ココマイスターの革は、例えば海や大航海時代を表現したりと世界観が違います!!

そして、温かみのあるデザインとなっています。

ココマイスターの社員Nさんココマイスターの社員Nさん

ココマイスターの製品を持つ事で、感動させたい!という思いに溢れている事ですね。

これは、ココマイスターの創業者の熱い思いなのですが、ココマイスターの伝統とし、永遠に受け継がれていくであろう大切な想いと感じています。

ココマイスターの社員Kさんココマイスターの社員Kさん

一切の妥協が無い点!

ヨーロッパ最高級の革、そして日本の熟練職人が一つ一つ手作りで生み出している事、そして、新しいモノを生み出す時にも絶対に妥協しない点です。

ココマイスターのお勧めポイント

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

ココマイスターのおすすめポイントを教えて下さい!

ココマイスターの社員のAさんココマイスターの社員のAさん

革の種類が多い事ですね!

必ず自分が好きになれる革が見つかるはずです。

ココマイスターの社員Hさんココマイスターの社員Hさん

ココマイスターでは、例えば季節毎に新作を出すのではなく、一つ一つをじっくりと考えて作っています。

これだけ一つ一つの製品に拘りと想いを込めているのはココマイスターだけです!

ココマイスターの社員N・Sさんココマイスターの社員N・Sさん

常により良くしようと努力している向上心ですね!

ココマイスターの社員Tさんココマイスターの社員Tさん

ココマイスターがもともと拘っていた素材の良さに加え、革のストーリー性が生まれた点です。

ココマイスターの社員Sさんココマイスターの社員Sさん

革にストーリー性、ドラマを加えたというエンターテイメント性ですね。

ココマイスターの社員Nさんココマイスターの社員Nさん

あなただけのオンリーワンの財布で有る事、唯一無二の製品で有る事です。

ココマイスターの社員Kさんココマイスターの社員Kさん

革をなめすタンナーの職人、そして革を縫製する職人。

ココマイスターの製品からは、職人の掌があふれ出ており、作り手の想いが感じられる点です。

ココマイスターの革に関して

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

ココマイスターで使用している革に関して教えてください。

ココマイスターの社員のAさんココマイスターの社員のAさん

ココマイスターの革の特徴は、とにかく質が良い点ですね。

革の質には徹底的に拘っています。

ココマイスターの社員Hさんココマイスターの社員Hさん

伝統を背負っている革、或いは個性の強い革、何らかの特徴を持つ革等、ココマイスターでは様々な革を用いています。

革の種類が多いという事は、革を選ぶ楽しみ、革を選ぶ楽しさを味わって貰える筈ですし、この革も欲しい、こっちの革も欲しいと、良い意味で悩む楽しさを与えてくれると思っています。

ココマイスターの社員N・Sさんココマイスターの社員N・Sさん

ココマイスターでは、革の魅力を発掘し、今までに無いモノを生み出したいと、常により良い革を探し求めています。

そして、ココマイスターの沢山の革は、買い手に選ぶ楽しさを与えてくれますし、作り手にも作る楽しさを与えてくれます。

ココマイスターの社員Tさんココマイスターの社員Tさん

ココマイスターでは、その革がココマイスターに相応しいかを重視して革を選んでおり、ココマイスターで用いている革は、文字通り選ばれた革です。

ココマイスターの社員Sさんココマイスターの社員Sさん

どの革も、そのジャンルで一番のモノを使用しています。

例えばブライドルレザーならば、有名無名を問わず、多くのタンナーがブライドルレザーを作っていますが、ココマイスターで用いている革は、ブライドルレザーの中でもこれ以上のモノは無いという、ナンバーワンのブライドルレザーになります。

ココマイスターの社員Nさんココマイスターの社員Nさん

ココマイスターでは、各ジャンルの革の中でもトップ、一番良いモノを使用しています。

ココマイスターの社員Kさんココマイスターの社員Kさん

例えば新しいシリーズのプルキャラックなどは、まさにビビッときた革、素材になります。

素材の良さプラス、発色の良さにも注目してほしい革ですね!

世界最高のレザーを利用し、財布や名刺入れ、鞄といった様々な革製品を展開するココマイスターの公式サイトはこちら↓↓


ココマイスターのメンズ財布とレディース財布について

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

ココマイスターのメンズ財布とレディース財布に関して教えてください。

ココマイスターの社員のAさんココマイスターの社員のAさん

ココマイスターのメンズ財布はシンプルなモノとなっています。

レディースも素材を生かしたシンプルなモノなのですが、女性はキラリと光るモノが好きですので、その女心を掴むべく、チャームや金具に拘っているのが特徴です。

ココマイスターの社員Hさんココマイスターの社員Hさん

ココマイスターのメンズ財布は格式高さを持つ逸品、大人のTPOをわきまえ、周りの視線を意識した造りとなっています。

レディース財布は、持っていて華やかさが有る造りとなっています。

ココマイスターのレディース財布は、金具も一から作っているんですよ!

そして、ココマイスターのレディース財布は、買った時と同じ状態を長い事保てる様になっています。

それ故、レディース財布は経年変化はほとんどしません。

女性は美しいままを保ちたいと思いますからね。

ココマイスターの社員N・Sさんココマイスターの社員N・Sさん

メンズ財布はロマン!そして革を育てる楽しさ!

レディース財布はずっとかわいく、永遠に美しく!

ココマイスターの社員Tさんココマイスターの社員Tさん

メンズ財布はシンプルなデザインで、革の素材の魅力が溢れている点が特徴です。

レディースは、キラキラ感が有り、持つ事への憧れ、持ってみたいと思って頂ける様なデザインとなっています。

ココマイスターの社員Sさんココマイスターの社員Sさん

ココマイスターのメンズ財布は、シリーズ毎のコンセプトの多さが魅力だと思います。

レディースは洗練された可愛らしさ、大人の女性の凛とした感じが特徴となっています。

ココマイスターの社員Nさんココマイスターの社員Nさん

ココマイスターのメンズ財布は、ハイクラスのビジネスマンが使えるデザイン、誰が持っても上品なデザインとなっています。

レディース財布は上品で繊細な事が特徴ですね。

ココマイスターの社員Kさんココマイスターの社員Kさん

メンズ財布はビジネスマン向けとなっており、本物志向と言うか、ビジネスマン向けの世界観となっています。

レディース財布はイメージや視覚を大切にしており、大人っぽい女性向けでありながら、可愛らしさにも拘っています。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

この質問は、我ながら良い質問で有ったと自負しております!

女性用の財布は、買った時の美しさが長い間保たれる逸品が喜ばれるという事が解りました!!

実際、管理人WalletLaboの細君が愛用しているココマイスターのレディース財布は、買った時とほとんど変わりがないです。

女性へ財布をプレゼントしようと考えている殿方は、大いに参考にしてみて下さい!

ただし!ココマイスターの女性社員の皆さんは、メンズ財布を愛用なさっています。

美しさを保つ以上に、やはり革のエイジングは堪らない魅力で持つ人を魅了し、虜にするのかな・・・とも思います。

ココマイスターのシリーズについて

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

ココマイスターが新しくスタートさせたシリーズに関して教えてください。

ココマイスターの社員のAさんココマイスターの社員のAさん

ココマイスターでは、2016年の今年、新しいシリーズが3つ生まれました。

オークバークは革の製造にドラマが有り、プルキャラックはココマイスターでは初めてオリジナルストーリーを取り入れました。

そして、ロンドンブライドルではイギリスとイタリアという2つの国の文化を融合させ、芸術を創り上げました。

ココマイスターの社員Hさんココマイスターの社員Hさん

革にストーリーを持たせる事で、より愛着を持ってもらいたいとの想いで生み出しました。

ココマイスターの社員N・Sさんココマイスターの社員N・Sさん

今までのココマイスターは、革の魅力を伝える事に力を注いできました。

新しいシリーズでは、革の魅力だけではなく、革のストーリーや、革の歴史的背景、革に込められた想いを伝え、より愛着を持って使って欲しい、革の歴史を知る事で、職人の想いを伝えたいと、その様な思いでおります。

ココマイスターの社員Tさんココマイスターの社員Tさん

ココマイスターの新しいシリーズでは、ストーリー性の高い革を用いる事で、革自体の良さに加え、革の歴史、革の背負ってきた運命を強く表現しました。

ココマイスターの社員Sさんココマイスターの社員Sさん

新しいシリーズの中で、個人的に是非注目して欲しいのがプルキャラック!

ストーリー性がたいへん豊かで、一推しです!

ココマイスターの社員Nさんココマイスターの社員Nさん

新しいシリーズでは、例えばプルキャラック号を創り、一つ一つに物語としてのメッセージを込めました。

ココマイスターの社員Kさんココマイスターの社員Kさん

オークバーク、プルキャラック、ロンドンブライドルの3つの新しいシリーズにおいて、それぞれ準備を重ねました。

3つの革、それぞれにストーリーが有って、別世界の革と巡り会って生まれたシリーズになります。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

ココマイスターが生み出したドラマを持ったシリーズは、いずれもより愛着を持って欲しいという想いから生まれたモノ。

永年修理保証が付いていて、大切に使えば親から子、子から孫へと受け継いで使う事が出来るココマイスターだからこその想いなのかもしれません。

ココマイスターの公式サイトを確認したい方はこちら⇒⇒⇒ココマイスター

ココマイスターの財布

財布の選び方

財布の選び方に関して、ココマイスターの社員さんに語って頂きました。

長財布と二つ折り財布、どちらを選べば良いか?

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

財布の選び方に関して教えてください。

長財布と二つ折り財布、どの様に選べば良いでしょうか?

ココマイスターの社員のAさんココマイスターの社員のAさん

長財布はお金が取り出し易く、使い易いですね。

お金の取り出し易さ、使い易さが行動に現れると、スマートに見えます。

二つ折り財布は、実は私は使った事が無いのですが、メリットとしては持ち運びに便利という点になるかと思います。

因みに、男性の場合、財布をポケットに入れる方が多いので、二つ折り財布を選ばれる方が多い印象が有ります。

ココマイスターの社員Hさんココマイスターの社員Hさん

長財布はビジネスマンにお勧めです。

会計シーンなどでは長財布の方が重厚感が有りますし、容量も有ります。

二つ折り財布は、私の中では普段使いにお勧めです。

例えるならば、ボディーバッグ1つで出掛ける時は二つ折り財布、ビジネスシーンでは長財布が似合うかと思います。

ココマイスターの社員N・Sさんココマイスターの社員N・Sさん

以前は二つ折り財布の方が人気だった様に思います。

最近は、男性も財布をカバンに入れて持つ人が増えたので、長財布も人気、むしろ長財布の方が人気の印象です。

長財布ですと、ピン札を折らないで仕舞えますしね。

ただ、ポケットに入れて使う方が、革のエイジングは綺麗に現れる様に思います。

手に収まる感じが好きなら二つ折り財布がお勧めですね。

ココマイスターの社員Tさんココマイスターの社員Tさん

カードを沢山持ち歩きたい方は、長財布がお勧め、財布をポケットに入れる派なら、二つ折り財布がお勧めです。

ココマイスターの社員Sさんココマイスターの社員Sさん

二つ折り財布は、カバンを持たない人、財布をポケットに仕舞う人にお勧めです。

長財布は、カードを沢山持ち歩く人、そして、お札を曲げたくない方にお勧めです。

ココマイスターの社員Nさんココマイスターの社員Nさん

長財布のメリットは機能性で、カードが沢山入る点になるかと思います。

それと、個人的にはラウンドタイプの長財布のファスナーを滑りも好きです。

二つ折り財布のメリットは身軽さ、ポケットに入る点で、フリーポケットなども有るので、使い易いかと思います。

ココマイスターの社員Kさんココマイスターの社員Kさん

長財布はビジネスマン向けで、財布をバッグに仕舞う方向けだと思います。

また、お札が折れない、折り曲がらないで仕舞えるのも特徴ですね。

二つ折り財布は、財布をコンパクトに持ちたい方にお勧めです。

カードや小銭をそんなに持たない方にはとても使い易いと思います。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

ココマイスターの社員さんのお言葉に、長財布と二つ折り財布を併用している管理人からの感想を申し添えるなら、長財布は収納量が多く、カードや小銭が沢山入る、二つ折り財布はコンパクトで持ち運びに便利ながら、カードや小銭の収納量は長財布よりも少ないと申し上げたく思います。

因みに私は現在、長財布をビジネス用の財布、二つ折り財布をプライベート用の財布と分けて使用しております。

その事に関しては、この記事の一番最後に記載しましたので、是非最後までお付き合い下さい。

初めて長財布を買う方へのアドバイス

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

初めて長財布を買う方へのアドバイスをお願いします。

ココマイスターの社員のAさんココマイスターの社員のAさん

初めて長財布を買うなら、直感で選ぶ事をお勧めします。

それぞれの長財布で、収納力に違いが有っても、使い易さに関しては変わらないです。

ココマイスターの社員Hさんココマイスターの社員Hさん

インスピレーションを信じて買うのが一番良いと思います。

これが良い!これが好きだと思ったモノで間違い無しですし、喜びも大きいですよ!

ココマイスターの社員N・Sさんココマイスターの社員N・Sさん

出会いを大切に、ビビッときた直感で選ぶのが一番です!

ココマイスターの社員Tさんココマイスターの社員Tさん

これからの自分をイメージし、自分の相棒となるモノを選ぶと良いと思います。

ココマイスターの社員Sさんココマイスターの社員Sさん

長財布は、お札を綺麗に取り出せる、折り曲げなくて良い、カードが沢山入る、といった使い易さが有ります。

更に、革の面積が多いので、革が楽しめる形となっています。

そんな長財布ならではの良さを知った上で選べば間違いないと思います。

ココマイスターの社員Nさんココマイスターの社員Nさん

初めて長財布を買うのであれば、直感を大切に買うのが良いと思います。

ただ、個人的に色に関しては、初めての場合はシンプルな色をお勧めします。

ココマイスターの社員Kさんココマイスターの社員Kさん

ビビッと来たのが一番です!

それを踏まえた上で、長財布は大人の財布です。

お金の入る量も、二つ折り財布よりも多いので、お金の大切さを知って使って欲しいですので、良い品と巡り会って欲しいですね。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

長財布に関して、男性の立場から申し添えますと、私自身は長財布を鞄に入れて持ち歩いていますが、スーツの内ポケット(胸ポケット)に財布を仕舞いたい方は、薄型長財布、或いは札入れがお勧めです。

私が愛用している長財布は、収納量を重視した、割とボテッとしたモノなのですが、この財布をスーツの内ポケットに仕舞うと、スーツの胸の部分が不自然に膨らみますし、財布の重さで着崩れしそうになります。

長財布を選ぶ場合は、スーツの内ポケットに仕舞うか、鞄に入れて持ち歩くかも考慮すると良いかと思います。(個人的には、長財布を後ろポケットに仕舞うのはお勧めしません。)

革の選び方

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

一口に天然皮革と言っても、様々な種類の革が有ります。

革の選び方に関して教えてください。

ココマイスターの社員のAさんココマイスターの社員のAさん

好みになりますが、私は革らしい革が好きです。

毎日目にし、ふと見た時に色が濃くなっていたり、或いは傷が付いていると、時の流れを感じます。

私はそれが好きで、個人的なお勧めとしては、マルティーニが好きです。

ココマイスターの社員Hさんココマイスターの社員Hさん

手入れで選ぶならば、ブライドルレザーは手入れが楽ですね。

水に濡れても大丈夫ですし・・・ただ、ブライドルレザーはフォーマルな印象では有りますね。

マットーネやプルキャラックは、カラフルなのが魅力ですし、例えば水濡れしてシミが出来たとしても、革の表情としても馴染みます。

私としては、インスピレーションが一番だと思うので、自分で良いと思った革を選ぶ事をお勧めします。

ココマイスターの社員N・Sさんココマイスターの社員N・Sさん

革の魅力であるエイジングを一つのポイントに選ぶ事をお勧めします。

経年変化させたいか、させたくないか・・・。

経年変化させたい場合は明るい色の革、エイジングさせたくない場合は暗い色の革、例えばクリスぺルカーフなどをお勧めします。

ココマイスターの社員Tさんココマイスターの社員Tさん

メンテナンスが楽なのはクリスペルカーフですね。

エイジングを楽しみたいのであれば、マットーネ、マルティーニがお勧めです。

ココマイスターの社員Sさんココマイスターの社員Sさん

革の魅力のエイジングをイメージして選ぶと良いかと思います。

どの皮革も丈夫なのですが、柔らかい革と硬い革では、傷が違ってきます。

柔らかい革ですと、傷は付き易いモノの、馴染みやすく、革の味となります。

硬い革ですと、傷は付き難いですが、傷が付くと少々目立ってしまいます。

そこを考えて選ぶと良いかと思います。

ココマイスターの社員Nさんココマイスターの社員Nさん

初めて天然皮革の製品を使うのでしたら、個人的にはマットーネ、マルティーニがお勧めですね。

革に慣れてきたら、ブライドルレザー等、エイジングが楽しめるモノが良いかと思います。

ココマイスターの社員Kさんココマイスターの社員Kさん

それぞれの革に良い点が有るので、好みになるかとは思いますが、使う上で、例えば柔らかい革の場合はカードの出し入れが楽で、財布も膨らむので、モノが沢山入ります。

ブライドルレザーの様に硬い革の場合、かっちりしているので、あまり財布が膨らまないという、使っていく上での違いを意識して選んでみると良いかと思います。

ココマイスターの公式サイトはこちら↓↓

初めて天然皮革を買う方へのアドバイス

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

初めて天然皮革を買う方へのアドバイスをお願いします。

ココマイスターの社員のAさんココマイスターの社員のAさん

初めは革に慣れないかもしれません。

使っていくうちに、革には傷が付いたりしますが、自分らしく染め上げていって欲しく思いますし、初めての革と長く過ごして欲しいですね。

ココマイスターの社員Hさんココマイスターの社員Hさん

出会った瞬間の胸の高鳴りを大事にして欲しいですね。

また、天然のモノですので、綺麗に保つ意識は持って欲しいと思います。

ココマイスターの社員N・Sさんココマイスターの社員N・Sさん

革のエイジングの魅力は、最初は解りにくいと思います。

ですが、使っているウチに、使うほどに実感するのが革の魅力です!

汚れや傷が革に馴染み、味になるまで使って欲しいですね!

ココマイスターの社員Tさんココマイスターの社員Tさん

革は生き物です。

家電製品などではなく、生き物として見て欲しいですし、それ故、愛着が沸いてくると思っています。

ココマイスターの社員Sさんココマイスターの社員Sさん

エイジングを美しくする為に、革の楽しみでもあるメンテナンスを是非!

ココマイスターの社員Nさんココマイスターの社員Nさん

革は水に弱いというネガティブな面が有りますが、経年変化により、自分の味の財布を創れるという魅力が有ります。

自然を、ナチュラルを楽しんでほしいですね。

ココマイスターの社員Kさんココマイスターの社員Kさん

初めて天然皮革を買う時に気になるのは、もしかするとメンテナンスでしょうか。。。

メンテナンスが楽なものを、と思われるのなら、マットーネが良いのでは、と思います。

マットーネはオイルを含んでいるので、メンテナンスが楽で、綺麗にエイジングしてくれるので、使い易いかと思います。

革のメンテナンスについて

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

革のメンテナンスについて教えてください。

ココマイスターの社員のAさんココマイスターの社員のAさん

私はメンテナンスが好きなんです。

時間が有る時は、コロニルシュプリームクリームを塗っています。

個人的には、使用する前に、クリームを塗る事をお勧めします。

あとは革は水の弱いので、防水スプレーですね。

ココマイスターの社員Hさんココマイスターの社員Hさん

私自身は、革の保湿に気を付けて、コロニルシュプリームクリームを塗っています。

また、汚れが詰まる事が有るので、ブラッシングもしています。

ただ、ブライドルレザーの様にブルームが付いているモノは、ロウが取れるまで何もしなくて大丈夫だと思います。

ココマイスターの社員N・Sさんココマイスターの社員N・Sさん

私自身は、あまりメンテナンスをしていないのですが、本当はしてみたいんですよね。

特に、経年変化が綺麗になるべく、最初にクリームを塗り込んでみたいです。

革の種類で言えば、ブライドルレザーはメンテナンスはしなくても大丈夫だと思います。

パティーナ(ヌメ革)、プルキャラックはやった方が良いのでは、と思います。

ココマイスターの社員Tさんココマイスターの社員Tさん

私はケアした方が良いと思います。

私自身は、定期的に一週間に一度、クリームを塗っています。

ココマイスターの社員Sさんココマイスターの社員Sさん

クリームを塗ると、栄養たっぷりで光沢がたっぷりと出ます。

カバンの場合は防水スプレーを是非!

ココマイスターの社員Nさんココマイスターの社員Nさん

私自身は、気になった時にクリームを塗る程度です。

傷に関しては特に何もしません。

マルティーニやマットーネは、傷は揉み込むのが一番です。

ココマイスターの社員Kさんココマイスターの社員Kさん

メンテナンスに関しては、気付いた時で良いと思いますよ。

磨きたいときに磨いて・・・磨きたいと思った時がタイミングだと思います。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

コロニルシュプリームクリームとは、ドイツのザルツェンブロット社のレザーケア商品の名前になります。

靴や皮革製品のお手入れの定番商品と言えるモノになります。

因みに、ココマイスターの公式サイトでも販売しています。

レザーケア商品を見たい方はこちら↓↓

年代別のお勧め財布

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

年代別に、お勧めの財布をお願いします!

ココマイスターの社員のAさんココマイスターの社員のAさん

20代なら・・・ナポレオンカーフのアレクサンダーウォレットですかね。。。

ブライドル、マットーネもお勧めです。

30代にはブライドル、プルキャラック、マルティーニをお勧めします。

40代にはジョージブライドル、クリスペルカーフがお勧めかな。。。

50代ならオークバーク、やんちゃな50代にはジョージブライドル!

そして、還暦にはマルティーニをお勧めします。

マルティーニの味は、還暦を超えた方にぴったりだと思います。

ココマイスターの社員Hさんココマイスターの社員Hさん

20代にはマットーネとブライドルをお勧めしたいですね。

この二つは、全世代にお勧めでも有ります。

30代40代の壮年にはジョージブライドル、コードバンがお勧めかと・・・。

使う程に色が深まり、財布を開けた時に重厚感が有るロンドンブライドルもお勧めですね。

50代にはシェルコードバン、オークバークをお勧めします。

いずれも大変良い革で、染みなどもエイジングの味、個性として捉える懐の深さは50代にお勧めかと!

60代にはオークバーク、プルキャラックをお勧めしたいです。

珍しい色は、キャリアを積んだ人にこそ映えると思います。

ココマイスターの社員N・Sさんココマイスターの社員N・Sさん

20代は冒険のナポレオンカーフですね!

30代は少しカッコつけてコードバンを!

40代は、ストーリーが重いオークバークを是非!

40代の男性の蘊蓄として、オークバークの背負ってきた歴史を語って欲しいです。

50代には落ち着いた感じのマルティーニ。

60代は、更に落ち着いた感じのマットーネを推します!

ココマイスターの社員Tさんココマイスターの社員Tさん

20代は値段の点、そして変化が解り易いパティーナ(ヌメ革)がお勧めかな。

30代はちょっと大人で中は白いブライドル。

40代は表も中もエイジングするマルティーニ。

50代は希少価値の高いコードバン。

60代は紀元前からの歴史を持つオークバーク!

年齢を重ねた分、渋いオークバークは映えると思います。

ココマイスターの社員Sさんココマイスターの社員Sさん

20代にはストーリーを重視してプルキャラックを!

30代ならビジネスシーンに合わせてブライドル。

40代には更により上質なモノとしてコードバン!

50代には一捻り個性の有るオークバーク。

60代にはマットーネ、最後に行き着くレザーはマットーネと思います!

ココマイスターの社員Nさんココマイスターの社員Nさん

20代でしたら・・・新社会人としてのカッコ良さを追求し、ブライドル、或いはロンドンブライドル!

30代には渋めのマルティーニ!

40代ならちょっと変わったレザーとしてオークバークを!

50代、60代は大人の深みのコードバン!

ココマイスターの社員Kさんココマイスターの社員Kさん

20代でしたら、初心者向けのレザーという事で、マットーネを。

30代は大人としてちょっとかっちりとしたブライドル。

40代には2つの革が楽しめるロンドンブライドル、外と中の両方を大切にして欲しいですからね!

50代でしたら・・・ストーリーと希少性のオークバークですね。

オークバークの渋さは、いぶし銀の50代にお勧めです。

60代には色が良いプルキャラックをお勧めしたいです!

良い品で華が有る色ですので、60代を人生の疲れではなく、プルキャラックを相棒に明るく過ごしてほしく思います。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

年代別のお勧めという難しい質問だったのですが、実は皆さん、キャッキャキャッキャ言う感じで、即答で答えて下さいました。

皆さん、ご自分の身近な方を思い浮かべながらお答え下さっていた様に思います。

身近な家族から、お世話になった方、どなたを思い浮かべながら答えてくださったのかまでは伺いませんでしたが、皆さんの回答、全てに沢山の想いを感じました。

自分用、そしてプレゼント用に、是非参考にしてみて下さい。

ココマイスターの公式サイトを確認したい方はこちら⇒⇒⇒ココマイスター

ココマイスターの財布

財布の贈り方

ココマイスターのプレゼント用包装

財布をプレゼントする際、どの様な財布を贈れば喜んで使ってもらえるか、悩む方は多いかと思います。

そこで、引き続きココマイスターの社員さんに、プレゼントとしての財布の選び方に関して語って頂きました。

財布をプレゼントした経験

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

皆さん、財布をプレゼントなさった経験が有るかと思います。

皆さんの財布をプレゼントなさった経験を教えて下さい。

ココマイスターの社員のAさんココマイスターの社員のAさん

兄が結婚する際に、兄にジョージブライドルロイヤルウォレット、兄嫁にブライドルグランドウォレットをプレゼントしました。

兄には大人っぽくなって欲しいという想いで、ジョージブライドルを選びました。

ココマイスターの社員Hさんココマイスターの社員Hさん

祖母の誕生日プレゼントにマルティーニクラブウォレット、父の日に小銭入れ、母の日にパティーナ長財布、上の弟の誕生日プレゼント兼成人祝いでマルティーニアーバンパース、下の弟の誕生日プレゼントにナポレオンカーフ アドルフコインパースをプレゼントしました。

ココマイスターの社員N・Sさんココマイスターの社員N・Sさん

ダディーにマイスターコードバンの札入れと馬蹄小銭入れ、マミーにフローズンアレフランスをプレゼントしました。

ココマイスターの社員Tさんココマイスターの社員Tさん

父に初任給でマットーネマルチパースを、主人にロンドンブライドルの名刺入れをプレゼントしました。

ココマイスターの社員Sさんココマイスターの社員Sさん

弟にマットーネマルチパースをプレゼントしました。

ココマイスターの社員Nさんココマイスターの社員Nさん

兄にロンドンブライドルパースファントムをプレゼントしました。

ココマイスターの社員Kさんココマイスターの社員Kさん

父の日にマルティーニ クラブウォレットのネイビーを、母の日に父とおそろいとなるマルティーニ クラブウォレットのブランデー、弟の卒業祝い、就職祝いでブライドル グランドウォレットをプレゼントしました。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

ココマイスターの社員さん、皆さん自分のご家族にココマイスターの財布をプレゼントなさっているんですね!

興味深い、注目すべき点は、女性へのプレゼントであっても、皆さんメンズ財布を贈っているですよね。。。

いずれにせよ、自分の身内に心を込めて贈れるココマイスターは素敵だな、と思いますし、私自身、細君にココマイスターの財布をプレゼントして心から良かった、と思いました。

プレゼントとして財布を選ぶ際のポイントと、プレゼントにお勧めの財布

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

プレゼントとして財布を選ぶ際のポイントと、そして、プレゼントで迷って選べないという方に、迷っているならこれがお勧め!というお勧めの財布を教えて下さい。

ココマイスターの社員のAさんココマイスターの社員のAさん

プレゼントを贈りたい方の人柄や雰囲気を考え、革の個性、革のストーリーで選ぶと良いかと思います。

お勧めを・・・と言われたら、ブライドルグランドウォレットですね。

カラーバリエーションも豊富ですので、ぴったりな一つを選べると思います。

ココマイスターの社員Hさんココマイスターの社員Hさん

色で選ぶ事をお勧めします。

プレゼントしたい相手のイメージに合う色から入ると良いのでは。

個人的なお勧めはロンドンブライドルですね。

ココマイスターの社員N・Sさんココマイスターの社員N・Sさん

贈る相手が好きそうなモノ、そして、どんな拘りを持っているかに合わせて選ぶと良いと思います。

例えば、財布の形への拘りなのか、ポケットに入れる派なら薄型がお勧めになりますし、贈る相手次第ですね。

その上での一押しは、ロンドンブライドルシリーズですね。

カラーバリエーションが豊富なので、色選びも楽しいし、ストーリーも面白いので、気に入って貰えると思います。

ココマイスターの社員Tさんココマイスターの社員Tさん

相手が欲しいモノを考えて選ぶのが一番と思います。

個人的なお勧めは、カラーバリエーションが豊富なロンドンブライドルですね。

ココマイスターの社員Sさんココマイスターの社員Sさん

贈る方の普段のイメージに合わせて選ぶと良いと思います。

スーツ姿に合わせるならコードバンやブライドル、固めの革が良いと思いますし、カジュアルならマットーネやマルティーニがお勧めだと思います。

個人的な一押しは、マットーネですね。

誰が見ても革の良さが解る、本当にオーソドックスな革だと思います。

ココマイスターの社員Nさんココマイスターの社員Nさん

贈る相手が求めているモノに合わせて選ぶ事をお勧めします。

機能性、使い勝手を重視するのか、デザインを重視するのか、或いは色に拘る方なのか、それに合わせて選ぶと良いと思います。

個人的なお勧めを・・・と聞かれましたら、ロンドンブライドルですね。

ココマイスターの社員Kさんココマイスターの社員Kさん

相手のイメージで、贈る方に使って欲しいと思うモノを選ぶのが良いと思います。

迷っているならば、個人的にはロンドンブライドルをお勧めします。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

この質問は、大変興味深かったですね!

実は、管理人WalletLaboは、自分が一番良いと思ったモノを贈る派になります。

自分が見て、これこそが一番!と思うモノを選び、贈る事が多いのですが、相手に合わせて選ぶ事を勧められ、個人的には少しびっくりしました。

そして、ロンドンブライドルが大人気ですね!

7人中、5人の方が迷っているならロンドンブライドル!とロンブラを推してます。

日々、沢山の財布を見、触れているココマイスターの社員さんの貴重なご意見ですので、プレゼントとしての財布選びの参考になさってみては如何でしょう?

恋人に財布を贈る場合

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

恋人に財布を贈る場合のポイント、お勧めを教えて下さい。

ココマイスターの社員のAさんココマイスターの社員のAさん

デートの時に持っていて欲しいな、と思うモノを選ぶと良いかと思います。

ココマイスターの社員Hさんココマイスターの社員Hさん

そうですね・・・例えば、印象で言うなら、バリバリ働くタイプならジョージブライドルとか・・・。

銀行員とかなら、少し落ち着いたロンドンブライドル、個性的な人ならナポレオンカーフ、或いはプルキャラックが良いのでは、と思います。

ココマイスターの社員N・Sさんココマイスターの社員N・Sさん

この質問は・・・相手次第ですね。。。

相手にぴったりと思うモノを贈る事をお勧めします。

ココマイスターの社員Tさんココマイスターの社員Tさん

恋人の喜ぶ顔がイメージ出来るモノを選ぶと良いと思います。

ココマイスターの社員Sさんココマイスターの社員Sさん

恋人へのプレゼントなら、コードバンが一押しですね!

コードバンはやはりカッコイイです。

恋人に持っていて欲しい代物ですね。

ココマイスターの社員Nさんココマイスターの社員Nさん

私の場合はですが、相手の好みを把握し、使ってもらえるモノを選びます。

ココマイスターの社員Kさんココマイスターの社員Kさん

相手に合わせて選ぶ事をお勧めしますね。

例えば、かっちりスーツの社会人ならばブライドル、接客業ならマットーネがお勧めかと思います。

ココマイスターの公式サイトはこちら↓↓


お祝いで財布を贈る場合のお勧め

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

財布は入学祝や卒業祝い、就職祝い等、様々なお祝いに利用されるキングオブギフトとも言えます。

ですが、お祝いで財布を贈ろう!と思っても、選ぶのに悩んでしまう方も多い様です。

そこで、お祝いで財布を贈る際のポイントを教えて下さい。

ココマイスターの社員のAさんココマイスターの社員のAさん

私見ですが、お祝いでしたら、財布よりも名刺入れをお勧めします。

財布は自分で選びたい、という方も多いですし、恋人からプレゼントしてもらう方も多いので。

名刺入れなら何個かあっても困らないですし、カード入れとしても利用できますので、お祝いなら個人的には名刺入れをお勧めします。

ココマイスターの社員Hさんココマイスターの社員Hさん

お祝いなら、個人的にはレア物のコードバンをお勧めしますね。

希少価値の高さ、そして艶が綺麗ですので、おめでとうという雰囲気を持った革だと思います。

ココマイスターの社員N・Sさんココマイスターの社員N・Sさん

お祝いでしたら、個人的には小銭入れや名刺入れ、キーケースといった小物をお勧めします。

小物の方が贈りやすいですし、小物で良い品、高い品がお勧めですね。

ココマイスターの社員Tさんココマイスターの社員Tさん

お祝いでしたら・・・盛大にカバン!!

ココマイスターの社員Sさんココマイスターの社員Sさん

お祝いでしたら、贈りやすい価格、幅広い年代で使えるブライドルをお勧めします。

ココマイスターの社員Nさんココマイスターの社員Nさん

個人的なお勧めになりますが、ブライドルシリーズですね。

ブライドルグランドウォレットを推します。

ココマイスターの社員Kさんココマイスターの社員Kさん

お祝いでしたら、万人受けするベーシックで革らしい革である事に、使いやすさも加味し、マットーネが良いのでは、と思います。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

ココマイスターでは、財布以外にも名刺入れやパスケース、キーケースといったお祝いに相応しい極上の革小物から、盛大な鞄まで、様々な革製品と取り扱っています。

因みに、管理人WalletLaboの義父がココマイスターのブライドル名刺入れを使っているのですが、とっても気に入って使っている様です。

年上の方へのプレゼントとして財布を贈る場合

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

年上の方へのプレゼントというのは、難しいモノが有ります。

それが財布となると、尚更です。

年上の方へプレゼントとして財布を贈る場合、どの様なモノを選べば良いか、ご助言下さい。

ココマイスターの社員のAさんココマイスターの社員のAさん

年上の方でしたら、こちらの気持ちを汲んでくれると信じ、自分の好きな革で選びます。

ココマイスターの社員Hさんココマイスターの社員Hさん

シェルコードバン、或いはオークバークといった、渋めの革をお勧めします。

ココマイスターの社員N・Sさんココマイスターの社員N・Sさん

相手次第になるかとは思いますが、例えばそこまで身近な方では無い場合、年下からの高級品は恐縮される可能性もありますので、私なら名刺入れや小銭入れといった小物を選びます。

ココマイスターの社員Tさんココマイスターの社員Tさん

年上の方でしたら・・・そうですね、若さを保って欲しいという願いを込め、そしてこれまで積んでこられた人生経験に敬意を表し、表は変化が緩やかで、中はしっかりとエイジングする革をお勧めします。

ですので、ブライドルシリーズが良いかと思います。

ココマイスターの社員Sさんココマイスターの社員Sさん

年上の方でしたら、私ならどんな色がお好きか、まずはヒアリングして選びますね。

ココマイスターの社員Nさんココマイスターの社員Nさん

贈る方の年齢にもよりますが、お洒落な方でしたら、オークバークとか、少し変わった珍しい革が良いかと思います。

ココマイスターの社員Kさんココマイスターの社員Kさん

年上の方に贈るのは、自分の感覚とは違うので、確かに難しいですよね。

私なら、相手に合った革をイメージしますが、コードバンやジョージブライドルはお勧めだと思います。

友人へのプレゼント

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

いよいよ最後の質問です。

友人に財布をプレゼントする場合のお勧めを教えて下さい。

ココマイスターの社員のAさんココマイスターの社員のAさん

友人に贈るのでしたら、その人らしいモノが一番!

ココマイスターの社員Hさんココマイスターの社員Hさん

友達に贈るのなら、私ならプルキャラックのシーアンビジョンですね!

珍しい色の革を贈って、好きにさせたいです!

また、革のエイジングの楽しみを知ってほしいので、経年変化しやすい革を選びますね!

ココマイスターの社員N・Sさんココマイスターの社員N・Sさん

友人ならズバリ!相手に好みを聞いて、相手の好みに合ったモノを贈ります。

ココマイスターの社員Tさんココマイスターの社員Tさん

友人なら小銭入れをプレゼントしますね。

小銭入れならば、気軽に受け取って、そして使ってもらえると思うので。

ココマイスターの社員Sさんココマイスターの社員Sさん

マットーネなどは肩ひじ張らずに受け取ってもらえると思いますね。

友人なら、ポップな色などお勧めだと思います。

ココマイスターの社員Nさんココマイスターの社員Nさん

カジュアルなプルキャラックがお勧めですね。

使い易いですし、個人的にはプルキャラックのネイビーが一押しです。

ココマイスターの社員Kさんココマイスターの社員Kさん

友人には私の好みでマットーネを贈ります。

オシャレっぽい子には、マットーネの編み込みタイプですね。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

財布の選び方、贈り方と題し、ココマイスターの社員さんに3時間半に渡り、答えて頂きました。

いずれの質問にも、皆さん大変熱心に熱い思いを持って答えて下さっています。

お陰で財布を買う際、或いは財布を贈る際、財布を選ぶ際に大いに参考になる、充実し、有意義な内容の記事となったと自負しています。

ココマイスターの社員の皆さん、有難うございました!

ココマイスターの公式サイトはこちら⇒⇒⇒ココマイスター

ココマイスターの財布

ココマイスターの財布を愛用する管理人の細君が語るココマイスター

ココマイスターの社員のKさんと、ココマイスターを愛用している管理人の細君

上の写真は、ココマイスターの社員のKさんと、ココマイスターを愛用している管理人の細君になります。

実は今回の見本市、管理人Walletaboは、細君と一緒に参加しました。

管理人の細君管理人の細君

主人と一緒に参加した見本市のココマイスターのブースで、社員の皆さまに「私もココマイスターを使っています!」と自分の財布をお見せしたところ、皆さんとっっっても喜んで下さり、そして、この財布の開発秘話などを熱く語ってくださいました。

この事は、少なからず感動しました。

これは、特にレディースファッションの場合に顕著なのかもしれませんが・・・レディースブランドの多くは、毎年と言うよりも、季節毎にどんどん新製品が出る為に、一年前に買ったそのお店のブランドの服を着て行っても、店員さんが気付いてくれない、酷い場合は「え?その服、ウチの製品ですか?」と言われる事もあります。

どんどん新しいモノを展開し、売ってしまったモノにはもう興味が無いのかな・・・と悲しくなる事も多々有ったのですが、ココマイスターの社員さんは、私のお気に入りの財布を見て、本当に心から喜んで下さいました。

ココマイスター・ロゼクロコブレンターノ

管理人の細君管理人の細君

ココマイスターの社員さんと主人が話していて、成程!と思ったのが、レディース財布は買った時の美しさが保てる様に造られているという話を聞いた時ですね。

私の財布も、プレゼントして貰った時と変わらない光沢で、古びてもおらず、とても綺麗です。

女性は箱を開けた時に、思わず「わ~!すてき!!」と声に出して喜ぶのが好きな様に思います。

私もこの財布をプレゼントしてもらった時、その品格ある美しさに「素敵!!」と思いましたw

ですが、ココマイスターの社員の皆さまは、経年変化するメンズ財布を愛用し、そして、女性へのプレゼントにもメンズ財布を贈っているとの事。

革のエイジングの魅力の虜になると、そうなるのだな・・・私ももう一つ財布を持つなら、メンズ財布が良いな、と思いました。

ココマイスター・ロゼクロコブレンターノのプレート

管理人の細君管理人の細君

実は、私は仕事の関係で、一年のうち一カ月強をイタリアへ行っています。

イタリアは皮革文化の国でもあります。

イタリアにはレザーグッツのお店が軒を連ねており、明るい色が魅力的な革製品が、とても安い値段で沢山売られています。

日本では見かけない様な発色の良さが大変魅力的で、私自身、イタリアに行った際には、様々なレザーグッツのお店を訪れていました。

そして「素敵な革!しかも安い!!」と思い、小物から大きなカバンまで、様々な革製品を沢山買っていたのですが・・・残念ながら、革の質は良くありませんでした。

イタリアンカラーとも言うべき明るい色が気に入って買っていたのですが、あっという間に劣化してしまうのです。

革が縮むというか・・・皺だらけになっていき、形も崩れていき、そして色も褪せてくる・・・文字通りの革の劣化です。

皮革文化のイタリアといえども、全ての革が素晴らしい訳では無かったのです。

ですが、主人がココマイスターの財布を買ってくれ、そして実際に主人の愛用しているココマイスターの財布を見ていて、成程!革のエイジングは美しい!!という事も感じてきています。

まだしばらく、私自身はこのレディース財布を愛用し続けると思いますが、いつか、ココマイスターのメンズ財布を使ってみたいな、とも思っています。

因みに、私の母はココマイスターのブライドルグランドウォレットを愛用しています。

父もブライドル名刺入れを使用しており、家族皆でココマイスターを愛用しています。

ココマイスターの財布

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

そうなんです。

管理人WalletLaboは、細君にココマイスターのレディース財布をプレゼントした他、義母にブライドルグランドウォレットをプレゼントしました。

また、その後、細君は父にブライドル名刺入れをプレゼントし、家族皆でココマイスターを愛用しています。

そして、一年のウチ、一カ月以上をイタリアに出張している細君。

以前は出張でイタリアに行った際には、お土産でお買い得価格で買ったという革製品を良く買ってきてくれたのですが、その様な革製品は劣化する事を学んだ細君は、今ではイタリアでは革製品を買わず、ココマイスターで買う様になっています。

永年修理保証の付いているココマイスターの製品は、大切に使えば親から子、子から孫へと受け継いで使える逸品という事を実感している様です。

ココマイスターの公式サイトはこちら⇒⇒⇒ココマイスター

財布の選び方、贈り方を踏まえ、新たにゲットした財布

今回の見本市でのココマイスターの社員さんへの3時間半のインタビューを経て、管理人WalletLaboは、新しい財布をゲットしました!

それがこちら!

ココマイスターの二つ折り財布・マットーネマルチパース

ココマイスターの二つ折り財布、マットーネマルチパースになります。

管理人WalletLaboがココマイスターの社員さんの話を聞いて、成程!と思ったのが、ビジネスシーンには重厚な長財布、カジュアルシーンには2つ折り財布が似合うという見解でした。

これまで私は長財布と小銭入れを併用、愛用していたのですが、仕事の時は仕事用の財布として長財布を使い、プライベートではジーンズの後ろポケットに入れる様に二つ折り財布にしよう!と思ったのです。

これは、大正解でしたね!

仕事用とプライベート用の財布を分けることで、お金の管理も明確になりました。

また、クレジットカードやポイントカードも、仕事用とプライベート用を分けて持った方が便利な事にも気が付きました。

仕事用とプライベート用の財布を分ける事で、財布の膨らみも減り、いい事だらけです!

そんなプライベートのカジュアルシーンにぴったりなマットーネマルチパースをレビューしていこうと思います。

ココマイスターの二つ折り財布・マットーネマルチパース

ココマイスターの二つ折り財布・マットーネマルチパース

ココマイスターの二つ折り財布、マットーネマルチパースは、イタリアの老舗タンナー、バダラッシカルロ社のなめしたマットーネになります。

ココマイスターの社員さんも語っていましたが、革らしい革で、天然皮革の魅力たっぷりの定番レザーと申し上げて良いかと思います。

マットーネマルチパースの内装

ココマイスターの二つ折り財布・マットーネマルチパースの内装

マットーネマルチパースの内装には、こちらもイタリアの誇るヌメ革・ブッテーロが使用されています。

マットーネマルチパースのロゴ

ココマイスターの二つ折り財布・マットーネマルチパースのロゴ

こちらはマットーネマルチパースのロゴになります。

目立たない様に、控えめにCOCOMEISTERと刻印されています。

全面にブランドロゴを刻んでブランド名をアピールするという、皮を剥がれた牛も浮かばれない驚くべきバカげた宣伝装飾は、素材も造りも世界最高峰のココマイスターの逸品には必要無いからです。

マットーネマルチパースのカード入れ

ココマイスターの二つ折り財布・マットーネマルチパースのカード入れ

マットーネマルチパースのカード入れは、カード入れ部分に4枚有ります。

ビジネス用の財布と考えると、個人的にはカードの収納が4枚というのは、少ないかも・・・と思いましたが、プライベート用の財布として考えた場合は、私の場合は十分です。

ただ、実はマットーネマルチパースのカード入れは札入れ部分にも有ります。

マットーネマルチパースの札入れ部分には、2枚分のカード入れが有るのですが、こちらのカード入れは非常に硬く、カードが折れるのでは・・・と思ってしまいました。

革ですので、しばらくするとくったり感が出てきて柔らかくなる筈なのですが、最初のうちは、札入れ部分のカード入れには期待しない方が良いかもしれません。。。

マットーネマルチパースの札入れ

ココマイスターの二つ折り財布・マットーネマルチパースの札入れ

マットーネマルチパースの札入れは、二つに分かれています。

万札と千円札を分けて入れたり、或いは一方は領収書やレシート入れにしてしまう事も可能ですし、海外旅行の際には外貨と日本円と分けて収納することも可能で、とても便利かと思います。

ココマイスターの二つ折り財布・マットーネマルチパースの札入れ

マットーネマルチパースの小銭入れ

ココマイスターの二つ折り財布・マットーネマルチパースの小銭入れ

マットーネマルチパースの小銭入れ部分ですが、二つ折り財布ですので、小銭入れスペースは長財布と比べると狭いな・・・と思ってしまいます。

ですが、プライベート用としてならば、そこまで小銭が増える事も無いかと思いますし、何より二つ折り財布の長所、コンパクトで有る事のメリットを実感します。

ココマイスターの二つ折り財布・マットーネマルチパースの小銭入れ

管理人WalletLaboは、ココマイスターの社員さんへのインタビューを経て、ビジネス用とプライベート用の財布を分けた方が便利かも・・・という事に気が付き、長財布と小銭入れはビジネス用、そしてプライベートは二つ折り財布と分けて使う様になりました。

とっても便利ですよ!

そして何より!ココマイスターの財布は最高です!

自分用としては勿論、プレゼント用としても、必ず納得の代物が見つかるはずです!

そして、製造直販に拘り、卸を行っていないココマイスターの製品の原価率は5割と、非常にお買い得価格となっています。

因みに、デパートなどに卸すと、売り上げの半分を手数料として取られる為に、原価率は1割未満が相場となっています。

当然ですが、原価率が高い方が消費者にとっては有難い、大変なお買い得となります。

ココマイスターの魅力的な財布や名刺入れ、カバンといった革製品を是非!公式サイトでご確認ください!!

>>ココマイスター