ココマイスターの小銭入れ、オークバークパッチウェイのご紹介です。

オークバークパッチウェイ

オークバークパッチウェイ(ココマイスターの小銭入れ)

上の写真がココマイスターの小銭入れ、オークバークパッチウェイになります。

オークバークとは?

オークバークに関して、簡単に解説しようと思います。

イギリスに紀元前から伝わる革

オークバークは、今年(平成28年)5月にココマイスターに登場した、新しい素材、新しいシリーズになります。

イタリアの皮革文化の看板とも言えるマルティーニやブッテーロといった、世界の定番とも言える革から、国内ではココマイスターが唯一製品化しているナポレオンカーフという大変珍しい素材までを取り扱うココマイスターですが、そのココマイスターの歴史に、絶滅寸前だったオークバークを蘇らせたという、新たな1ページが誕生したのです。

オークバークという素材は、イギリスで紀元前から伝わる伝統を持つ革ながら、その高コストプラス効率の悪さから、絶滅寸前に陥っていました。(因みに、管理人WalletLaboも知りませんでした。。。)

オークの木だけを使用して鞣されるオークバークは、紀元前から伝わるという歴史を示すかの様な鉄の掟が存在します。
 
それは、「365日と1日」をかけて、この革を鞣すというモノです。

大量生産が主流となり、タイムイズマネーで、どんどん機械化し、効率の良い生産を目指す現代産業とは真逆と言える、まさにアナログ製法であり、時間を掛ける事を厭わない、イギリスの皮革文化を担う職人さんの矜持を重く感じる掟と言えます。

因みに、この掟が定められた当時、掟を破った職人は、大変に厳しい罰を受けたそうです。

現在では、この掟破りに対する罰はありませんが、それでも尚、最高品質の革を生み出すべく、そして、伝統・文化を守り続けたいという想いから、「365日と1日」というルールは、現代にも受け継がれているそうです。

ココマイスター・オークバークシリーズのロゴ

上の写真は、ココマイスターのオークバークシリーズのロゴになります。

木材をモティーフにしたロゴになっている事、お解り頂けるかと思います。

そして、オークバークはこれまでソールで製品化された事は有りましたはが、財布や革小物に使用するのは、ココマイスターが世界初だそうです!

正に、ココマイスターが蘇らせた革であり、非常に希少価値の高い革になります。

オークバークの特徴

オークバークの特徴ですが、銀面(財布・革の表面)に白い粉の様なモノが浮かび上がっています。

これは、オークバークと同じく、イギリスの皮革文化が誇るブライドルレザーなどと同じで、仕上げで施されたロウになります。

革の表面に浮かび上がったロウは、毎日使用し、日々手に触れる事で少しづつ革に馴染み、光沢感が増していきます。

それと共に、色味は深くなり、ヴィンテージ感のある風合いへと変化していきます。
 
オークの渋い風合いに光沢が現れてくる事を想像するだけで、とても楽しみな皮革ですね!。

因みに・・・

ブドウの表面のブルーム

ブドウの表面にも白い粉の様なモノが見えますよね。

このブドウの白い粉の様なモノも、ブルームと言います。

ブドウのブルームは、雨からブドウを守り、そして水分の蒸発を防ぎます。

革のブルームは、水分を弾く事で革を守り、しなやかさを保ったまま、強度を高めています。

オークバークで揃えて持つ!

オークバークブリストル(ココマイスターの長財布)とオークバークパッチウェイ(ココマイスターの小銭入れ)

上の写真は、オークバークパッチウェイと、同じくオークバークを使用したココマイスターの長財布、オークバークブリストルになります。

オークバークウェスターリー(ココマイスターの長財布)とオークバークパッチウェイ(ココマイスターの小銭入れ)

こちらも同じくオークバークパッチウェイと、オークバークを使用したココマイスターの長財布、オークバークウェスターリーになります。

長財布と小銭入れを同じオークバークで揃えて持つ事、お勧めです。

因みに、今回紹介した製品は、ココマイスター大阪心斎橋店に展示してあった商品になります。

ココマイスター・大阪心斎橋店の店内

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

管理人WalletLaboは、ココマイスター及び、ココマイスター大阪心斎橋店のご協力の下、店内の撮影及び商品の撮影許可、及び、サイトへの掲載許可を頂戴し、撮影、掲載をしています。当サイトの画像の無断転載は固くお断りします。

オークバークを更に掘り下げて解説しているページはこちら⇒⇒⇒オークバーク

ココマイスター「オークバークパッチウェイ」の口コミ

ココマイスターの「オークバークパッチウェイ」を実際に購入なさった方の口コミです。

商品が届いたときには、正直、色のイメージが異なりました。
HPの写真より薄い茶色で、ちょっと失敗したかな・・・という感じでした。
でも、一週間使用することで、革の表面に艶が現れ、手触りも良く、今ではとても気に入っています。
エイジングにより色が濃くなることを期待しています。
小銭入れとしても大きさは、ちょうど良いです。だた、もう少し小銭が入る容量が欲しいです。
色のラインナップが増えれば、名刺入れも購入したいです。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

使っていくうちに好きになる、気に入ってくるというのは、良いですね!

逆だと・・・最悪ですからね。

これからが楽しみですね!

革素材の表面にある木のような模様から自然の中の荒々しさがあり、また、その1つ1つは繊細でもありました。
世界中に1つだけしかないと実感でき、大変満足しております。
この先、どのような変化が見られるのか今から楽しみです。
大切な手入れをし、この先の人生を共に歩んでいきたいと思います。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

オークバークの革を堪能出来るのは、ココマイスターだけですからね!

レア感満載です!

ココマイスターの製品を、ココマイスターの社員さんと共に更に掘り下げて解説しているページはこちら⇒⇒⇒ココマイスターの財布と名刺入れ、カバンをココマイスターの社員さんと共に徹底解説!

ココマイスター関連記事

ココマイスターの関連記事です。

ココマイスター・マルティーニ・クラブウォレット

・ココマイスターについて⇒⇒⇒ココマイスター

ココマイスターのレビュー記事

ココマイスターのレビュー、管理人WalletLaboが所有するココマイスターの財布のご紹介です。

ココマイスター「ナポレオンカーフ アレッジドウォレット」

ナポレオンカーフ アレッジドウォレット
マルティーニ・クラブウォレット
ロゼクロコブレンターノ
ブライドルグランドウォレット
ナポレオンカーフボナパルトL字ファスナー
マットーネ マルチパース

ココマイスターの社員さんの財布

ココマイスターの社員さんが、実際にプライベートで使用なさっている財布を見せて頂いたので、ご紹介します。

ココマイスターの社員さんの財布

参考ココマイスターの社員さんの財布

日々沢山の財布を扱っているココマイスターの社員さんが、プライベートで使用している財布ですので、社員さんが実際に使っている財布を参考に財布を選ぶのも良いかと思います。

マットーネ オーバーザウォレット
マットーネ ラージウォレット
ジョージブライドル ロイヤルウォレット
パティーナ長財布
マルティーニ アリアスウォレット
ブライドル グランドウォレット
コードバン薄型長財布
マットーネ マルチパース
ブライドル アルフレートウォレット
オークバークウェスターリー
シェルコードバン スタンフォード
ロンドンブライドル ショットオーバー
プルキャラック ロンバルディア
ロンドンブライドルグラディアトゥール

ココマイスターの社員さんの名刺入れ

ココマイスターの社員さんが、実際にプライベートで使用なさっている名刺入れを見せて頂いたので、ご紹介します。

ココマイスターの社員さんの名刺入れ

参考ココマイスターの社員さんの名刺入れ

日々沢山の革製品、名刺入れを扱っているココマイスターの社員さんが、プライベートで使用している名刺入れですので、社員さんが実際に使っている名刺入れを参考に選ぶのもお勧めです。

コードバン名刺入れ~ココマイスターの社員さんの名刺入れ~
ジョージブライドル名刺入れ~ココマイスターの社員さんの名刺入れ~

ココマイスターの社員さんのお勧めのカバン

ココマイスターの社員さんの一押しのカバンのご紹介です。

ココマイスターのカバン

参考ココマイスターのカバン

ココマイスターのランキング

ココマイスターの各種ランキングです。

長財布人気ランキング
二つ折り財布の人気ランキング
プレゼントにお勧めランキング
メンズ財布の人気ランキング

価格別お勧め財布

ココマイスターの財布を予算で選べる様に、二つ折り財布と長財布のお勧めの財布を価格別に纏めました。

予算で選ぶ~価格別お勧め財布一覧~

ココマイスターで取り扱う革や財布について、また、財布の見方、選び方、贈り方をココマイスターの社員さんと共に更に掘り下げて解説しているページはこちら⇒⇒⇒財布の選び方、贈り方 | ココマイスターの社員が語る財布の見方