米国ファーストレディーや皇室、皇族の方向けの商品の特別注文を受けている、文字通り知る人ぞ知るレザーブランドのNAGATANI(ナガタニ)

レディースハンドバッグを中心に、レザーアイテムを展開するNAGATANI(ナガタニ)の、財布のフラッグシップはSAHOになります。

NAGATANI(ナガタニ)の財布 SAHO

上の写真が、NAGATANI(ナガタニ)の財布、SAHOになります。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

因みに、管理人WalletLaboが義母様にプレゼントした財布になります。

お陰様で、義母様はとても気に入って使って下さっています。

管理人WalletLaboは先日、某見本市に於いて、NAGATANI(ナガタニ)の社長・長谷圭祐氏とお会いする機会が有り、長谷社長にご自身で愛用なさっているSAHOを見せて貰い、そして長財布=SAHOの使い方を伺ってきました。

こちらでご紹介したく思います。

http://xn--nckg3oobb8486bumw25y6g5d.com/?page_id=9618

長谷圭祐社長愛用のSAHO

NAGATANI(ナガタニ)の社長・長谷圭祐氏と、長谷社長愛用のSAHO

改めまして、上の写真がNAGATANI(ナガタニ)の社長・長谷圭祐氏と、長谷社長がプライベートで愛用なさっているSAHOになります。

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

財布の銀面に『K』という長谷社長のイニシャルがデザインされていますが、これはご自身でなさったそうです。

長谷社長流、長財布の使いこなし

NAGATANI(ナガタニ)の長財布SAHO

NAGATANI(ナガタニ)の長財布SAHOは、中央に小銭入れが有り、そして、それを挟む様に左右対称に札入れとカード入れがデザインされています。

札入れが4か所有るSAHO

これは、SAHOの特徴の1つになるかと思うのですが、SAHOには札入れが4か所有ります。

通常の長財布ですと、札入れは2カ所のケースが多い様に思います。

4か所の札入れ・・・千円札、5千円札、万札・・・と分けて収納する事を想定してかしら?

そう言えば、二千円札なんてのも有ったなぁ・・・と思いつつ、長谷社長に札入れをどの様に使っているか聞いてみると・・・

(株)ナガタニの長谷社長(株)ナガタニの長谷社長

私自身は、4か所ある札入れのウチ、お札を入れているのは一か所になります。

残りの2カ所は領収書やメモ入れ、そして、残りのもう一か所はポイントカード等のカード入れとして使っています。

成程!

札入れとして4か所用意されていますが、全てにお札を入れて使う必要も無い訳で、領収書やメモ入れ、更には使用頻度の高いポイントカード入れとして使うと、便利そうですね!

フリーポケットが2カ所

NAGATANI(ナガタニ)の長財布SAHOのフリーポケット

SAHOのカード入れの裏には、フリーポケット=隠しポケットが付いています。

長谷社長に、このフリーポケット=隠しポケットをどの様に使っているか聞いてみると・・・

(株)ナガタニの長谷社長(株)ナガタニの長谷社長

何かあった時の為、非常用に一万円札を入れています。

との事。

成程~!

何かあった時に非常用のお札を仕舞うには、フリーポケット=隠しポケットは最適ですね!

フリーポケット=隠しポケットの有効な使い方を知った気がしました。

通帳、スマホも入るSAHO

NAGATANI(ナガタニ)の長財布SAHO

(株)ナガタニの長谷社長(株)ナガタニの長谷社長

長財布の魅力、SAHOの魅力は、何と言っても収納量になります。

通帳やスマホも入るサイズですので、ミニクラッチバッグの様に使う事が出来ます。

SAHOを愛用するウチの義母様も、SAHOに通帳を入れて持ち歩いています。

札入れが4か所あると、本当にミニクラッチバッグの様に使えそうですね!

管理人WalletLabo管理人WalletLabo

長谷社長からのお言葉なのですが、SAHOはあくまでも財布で、スマホを仕舞う事は想定していないので、常時スマホを入れて持ち歩く事等は、型崩れの原因にもなりますので、お勧め出来ないとの事です。

当たり前と言えば当たり前ですが、ご理解下さいませ。

NAGATANI(ナガタニ)の長財布SAHOのロゴ

上の画像は、SAHOに刻まれたNAGATANI(ナガタニ)のロゴになります。

ご覧の様に、財布内部に控えめに刻印されており、ブランドブランドしていないのもお勧めポイントとなります。

COACH(コーチ)・財布

財布やバッグの全面に刻印された『C』のブランドロゴ。。。

『C』のブランドロゴが刻印されていれば、ステータスになるとでも思っているのか、コーチのバッグを持って、服はしまむら、靴はクロックスといった出で立ちを見ると、滑稽にさえ見えてしまいます。

皇室、皇族に方も持つNAGATANI(ナガタニ)の革製品は、ブランドロゴで主張せずとも、見る人が見れば極上の一品と解るまさに上質の極み。

NAGATANI(ナガタニ)のSAHO、お勧めです。

NAGATANI(ナガタニ)について、更に詳しくはこちら⇒NAGATANI(ナガタニ)について、長谷圭祐社長が徹底解説!